僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【中山金杯】【京都金杯】結果

【日刊スポーツ賞中山金杯】中山11R 芝右2000m

◎⑪ディープボンド 14着
想定していたより後方のポジションだったところで半分馬券を諦め、早々に和田騎手の手が激しく動き始めた時点で、クランモンタナしてくれ! と願いつつも完全に諦めましたw 直線でも詰まってましたし、いいところなしでした。やはり中山競馬場は合っていないようですが、今回に関してはそれ以前の問題でした。

〇⑭ヴァンケドミンゴ 11着同着
こちらはディープボンドとは逆に想定よりも前めのポジション取りから、早々に手応えが怪しくなり直線沈んでいきました。中山があまり得意ではないということもあるんでしょうけど、藤岡騎手との相性もよろしくないんでしょうね。

▲⑤ショウナンバルディ 13着
スタートで隣にぶつかり、直後に外からきた馬に締め出された感じで下げざるを得ず。こうなったらもうどうにもなりませんね。

△⑨ヒシイグアス 1着
見事な重賞初制覇。「着差以上に強い内容」と松山騎手がコメントしていますが、その通りだと思います。終始馬群の中での競馬で何度も頭を上げて窮屈そうに走っていましたし、人馬ともに気持ち切らさずよく我慢したなと思います。にしても、調教後の場体重が大きく減っていたのはなんだったんでしょうか……。二日で15kgも戻るもんなの???

☆⑰バイオスパーク 10着
スタート一息でいいポジションが取れず、終始外を回らされる厳しい展開に。不安に思っていた大外枠&斤量2kg増&初中山が全部的中した感じでしょうか。

☆⑬シークレットラン 7着
スタート良くなく後ろから。そのままゆったりまったり構えて最後は外から伸びてきました。結果的にのんびり構えすぎた感は否めませんw

☆③ココロノトウダイ 2着
まずまずのスタートを切り、抑えて中団へ。終始内を回って、直線でも外の馬を押しのけるように伸びてきましたし、斤量が軽いこともあったかもしれませんが坂でも止まりませんでした。枠を生かしたいい競馬だったと思います。惜しい2着でした。

 

はい、思い切りハズレですw

 

スポーツニッポン京都金杯】中京11R 芝左1600m

◎④ピースワンパラディ 2着
スタート直後にいいポジションを確保。そこから早めに外に出しじりじりと下げながらの道中、直線伸びるも内を巧く立ち回った勝ち馬は捉えられずの2着。なんと形容すればいいか迷いますが、人馬ともに中京での安定感は抜群ですねw

〇⑩シュリ 5着
スタート良くなかったものの二の脚でそれなりのポジションを確保。ただ道中ずっと引っ張ってましたし、気性面の難しさが出ちゃった感じなんでしょうか。その分なのか4コーナーでの反応もイマイチで直線では勝ち馬に前をカットされました。この馬への期待値がものすごく高い方が多いような印象ですが、諸々含めて重賞初挑戦で5着なら個人的にそこまで悪くない結果だったとは思います。

▲⑫ラセット 13着
好スタートから中団に控え、見せ場なく。

△⑭タイセイビジョン 4着
絶好のスタートを切り、手綱を引っ張って3番手から直線流れ込んでの4着。キレる脚がないのは分かっているんだからもうちょっと早めに仕掛けて粘りこむ競馬をすればいいのになあ、と思っちゃうのは素人考えなんでしょうか。

☆⑯トリプルエース 8着
スタートいまいちで思ったよりずいぶんと後ろからの競馬に。この馬なりに最後まで脚を使ってはいるので、外枠なので難しい部分はあったと思いますが前めのポジションを取れなかったのが非常に悔やまれます。

☆⑧レッドガラン 6着
スタートがあまりよろしくなく、思ったよりも後方のポジションに。最後は内に突っ込んで上がり最速の良い脚を使っているのですが。

☆⑪ボンセルヴィーソ 7着
ハナを切るも、外から押して上がってきた3着馬に手綱を引いて譲り2番手からの競馬。そのまま直線に入り、残り200mまでは、おやっ!? と思わせるも最後は力尽きる。

軸は2着も1,3着馬の人気薄を買えるわけもなくハズレ。

金杯ともに、予想していたポジションと全然違うところで競馬する馬の多かったこと多かったこと……。そりゃ当たりませんわw

 

木原調教師JRA通算300勝達成まで買い続ける応援馬券

【4歳以上2勝クラス】中京7R ⑪ヘイセイメジャー 6着
うーん。スタート直後押してたと思ったら外から来た馬にすんなり前を譲りましたねw 正直、中途半端な競馬だったなあという印象です。

タイセイトレイル軸で買った【万葉ステークス】も、勝ち馬のナムラドノヴァンをはまったく眼中になく、

2021年初競馬はボウズでございましたw

ああ、先が思いやられるなあ。