僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【アンタレスステークス】【皐月賞】結果

アンタレスステークス】日曜阪神11R ダート右1800m

◎⑧ヒストリーメイカ 内田騎手 2着
スタートで躓き行き脚が付かず「マズイな」と思っていましたが、馬群の中を徐々にポジションを上げ、コーナーと直線入り口で窮屈になりながらも2着まで追い上げました。毎度、重賞制覇まで後一歩届きませんが、安定感は素晴らしいですね。

〇⑦アナザートゥルース 藤岡祐騎手 16着
早々に手応えが怪しくなりずるずると……なにがあったんでしょう? 故障じゃなければいいんですが。

▲④テーオーケインズ 松若騎手 1着
まずまずのスタートかった6番手あたりを楽に追走。抜群の手応えでコーナーを上がっていき直線でも手応え通りの伸びを見せ早め先頭から押し切りました。先行して上がり最速ですから、いや~強かったっすね。「東京大賞典」でも差の無い競馬をしてきていますし、これなら大きいところを狙えるんじゃないでしょうか。今後が楽しみです。

△③レピアーウィット 石橋騎手 8着
積極的な競馬をしましたが、ペースが速すぎたのか止まってしまいました。成績の順番的にダメかも、と冗談を言っていましたが、ホントにそうなりましたねw というか、得意の中山競馬場以外ではちょっと厳しいのかもしれませんね。

×⑤グリム 浜中騎手 12着
先行するも見せ場なく。長期休み明けを一度叩いての出走でしたが、まだ本調子にはほど遠いように思います。状態が戻ってくればいいのですが。

☆⑬レーヌブランシュ 団野騎手 10着
二匹目のドジョウはいませんでしたw


三連複⑧ー⑦④③⑤⑬の10点です。

3着に入った⑭ロードブレスを坂と斤量で嫌ってしまったので、ハズレです。

 

皐月賞】日曜中山11R 芝右2000m

◎⑧ダノンザキッド 川田騎手 15着
先行しましたが、コーナーで早くも手応え悪く、直線でずるずると馬群に飲み込まれてしまいました。「弥生賞」を踏まえての早めの競馬だったとは思うんですが、負けるにしても、ここまでなんの抵抗もせず沈むとはちょっと予想外でした。レース前の発汗が目立っていましたし、残念な結果となってしまいました。

〇⑦エフフォーリア 横山武騎手 1着
先行し、最内を突いて3馬身突き抜けました。強い、文句なく強かったです。クラシック三冠の中で一番難しいんじゃないか、と思っていた「皐月賞」を取りましたし、どうかこのまま無事に「ダービー」「菊花賞」と向かってください。横山騎手G1初勝利おめでとうございます、騎乗も素晴らしかったですが「最高ですっ!!!」というお父上とは正反対のハイテンションなインタビューも良かったですw 

▲⑮ラティアス デムーロ騎手 6着
運が悪かったですね。しかし、スタートで隣の馬にぶつけられたり、直線入り口でも外に弾かれたりとスムーズな競馬ではない中で(たらればですが、特に後者の不利がなければ掲示板には載っていたんじゃないでしょうか)キャリア3戦目の馬が6着ですから、能力は間違いなく高いでしょうし、今後の活躍に大いに期待です。

△⑨ラーゴム 北村友騎手 13着
まずまずのポジション追走も見せ場なく。序盤のゴチャついたところでやる気をなくしたのか、早々に手応えが怪しくなっていました。器用さがあるので中山もこなせるだとうし大崩れはないだろう、と予想していましたが、全然そんなことはなかったですw 自分の見る目のなさにガッカリです。

×⑤ヴィクティファルス 池添騎手 9着
スタート出るも押さえて中団後方からの競馬でしたが、前哨戦のような豪快な末脚は見せられず。うーん、重馬場で激走した疲れが残っていたんでしょうか。しかしまあ、まだこれが4戦目ですし、そこまで悲観することもないかもしれません(適当)

☆⑭アサマノイタズラ 嶋田騎手 16着
スタートでラティアスにぶつけるも押して前めに。早々に手応え悪くなり、直線入り口でまたもやラティアスにぶつかるというw 良く言えば積極的な、悪く言えばちょっと雑な競馬だったかな、と思います。しかしまあ、これでコンビ解消とならなければいいのですが。

☆①アドマイヤハダル ルメール騎手 4着
6,7番手でインを回ってきて、直線馬場の良いところに出して脚を伸ばしましたが、4着まで。初の中山&血統的に向いていないであろう馬場状態を考えると非常に頑張ったと思います。「これからの馬」とルメール騎手がコメントしていますし、ラティアスと同じように今後に注目です。

☆⑥ヨーホーレイク 岩田望騎手 5着
中団後方から上がり最速で掲示板確保。それなりの結果を! などと昨日は偉そうなことを書きましたが、「ダービー」の出走権は確保しましたし、直線入り口で外の2頭を弾き飛ばすちょっと強引な騎乗ではありましたが、岩田騎手しっかり仕事をしたんじゃないでしょうか(偉そう)。「ダービー」は武豊騎手、乗れるんでしょうかね?

☆⑬タイトルホルダー 田辺騎手 2着
好スタートから押して番手を確保。残り600mあたりで先頭を奪うとそのまま粘り込んでの2着。勝ち馬にはあっさり突き放されましたが、それでもしぶとく粘り込みましたね。中山巧者の面目躍如です。

三連複⑧ー⑦⑮⑨⑤⑭①⑥⑬の28点。

軸がまさかのぶっ飛びで大ハズレです。

応援馬券

新潟12R【角田浜特別】 ④シンシティ 田中健騎手 1着
テンからスピードを活かす競馬を、と思っていましたが、望んだ通りにハナを取り切ってくれました。最初の3ハロン32,8秒と表示されたときはちょっと笑ってしまいましたが、そのまま2馬身半の着差をつけて押し切りました。前に行った馬で決まったとはいえ、つよ~いw またもや直前でオッズがガクンと下がったことは気に食わないですが、単複あざます。

今週は重賞3レースを外し、応援馬券のみの当たりでしたので、トータルでちょっとマイナスでございました。