僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【ラジオNIKKEI杯2歳ステークス】結果

ラジオNIKKEI杯2歳ステークス阪神11R 芝右2000m

 

◎④グラティトゥー 9着
予想通り、前に行く馬たちを見ながら3,4番手での競馬になりました。ペースが速かったわけでもないのに、多少の不利があったにせよ、直線の坂に差し掛かったところで差し馬にほとんど抵抗することが出来ず惨敗となりました。良馬場の方がいいと思っていましたが、そんなこともなかったようです(荒れ気味の馬場ではありましたが)。現状力負けでしょう。切れ味勝負も向いていないようなので、ペースがもっと上がった方がよかったかもです。

〇⑨ラーゴム 2着
ちょうど中団の外めでの追走。一瞬、勝負所で反応が良くないように映りましたが、それでもしぶとく脚を使い続けて2着。道中ふらついたり、直線でも内に刺さったりしながらも最後まで頑張っていましたし、能力的には今後も重賞で活躍できそうですね。成長に期待です。

▲①ビップランバン 8着
スタート一息で、頭を上げたりしながらの3番手あたりでの追走。コーナーまで手応えは悪くなさそうでしたが、後ろの馬が迫ってきたところで進路なく動けず、直線も全く伸びませんでした。中1週という厳しいローテーションの影響もあったのかもしれませんが、現状控えるよりは、無理にでも逃げた方が良さそうな気がします。

△②バスラットレオン 6着
番手からの競馬で直線に入って一瞬、おっ! と思わせましたが最後は脚が上がってしまいました。馬体重20kg増も影響したのかも知れませんが、やはり2000mはちょっと長いんじゃないでしょうか。レース前は、次走「ホープフルステークス」の予定とのことでしたが、もし出てくるなら馬券的には要らないですかね。短い距離ならこのクラスでもやれそうではありますが。

☆⑧ワンダフルタイム 1着
中団やや後方から、2着ラーゴムの更に外を回して上がり最速での差し切り勝ち。
馬体重が増え過ぎている、喉なりがしている、などの事前の情報に惑わされすぎました。喉なりに関しては分かりませんが、結局、馬体重は増えてなかったですしねw
早めに仕掛けて長く良い脚を使った好内容で、来年のクラシックが楽しみな1頭です。

☆⑤グロリアムンディ 4着
後方で終始内ラチ沿いを回ってきました。レースを観た限りでは多少詰まってはいたもののそこまで下手に乗った感じはしなかったんですが、「外に出そうと思っていましたが、出せず。うまく乗れませんでした」との福永騎手のレース後コメント。新馬戦での余力がどれほどのものかと思っていましたが、うまく乗れずに4着ならそれなりの能力はあるんでしょうね。

軸の1頭がブービーに沈んでしまったので、馬券はもちろんハズレでございます~。