僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【ジャパンカップ】結果

まずはさらっとコチラから。

京阪杯阪神12R 芝右1200m

◎③レッドアンシェル 14着
入れ込み気味で発汗目立つ。中団外め追走も見せ場なく。

〇②アンヴァル 4着
スタート一息で、中団後方からに。酒井騎手、道中巧くさばきましたが、さらに巧くさばいた和田騎手&ジョーアラビカに3着を譲る。

▲⑬カレンモエ 2着
惜しい。重賞初挑戦、ペースが速い中で番手からの正攻法での2着は立派。
まだ成長しそうですし、そのうち重賞には手が届きそうです。

△⑪シヴァージ 5着
今回も上がり最速で届かずw ちょくちょく相手で馬券を買っている馬ですが、なんだか今後も一生馬券圏内に届くことはないんじゃないかと思ってしまいましたw

☆⑮タイセイアべニール 9着
中団での競馬。終始外側を走らされ伸びず。外枠が響きましたかね。

☆⑤ロードアクア 7着
馬体重プラス12kgでしたが太くは映らず。ただ入れ込み気味。前めに付けて、見せ場は作りました。重賞初挑戦でこの結果なら悪くないんじゃないでしょうか。

1着 ⑩フィアーノロマーノ
やはり阪神は走りますね。テン乗り吉田隼人騎手もお見事でした。勝利騎手インタビューを観て毎回思うんですが、吉田騎手、誠実に受け答えしていてスゴイ良い人ですねw

昨日書いた通り、馬券は買いませんでした。

 

フランスからやってきたウェイトゥパリスがゲートを嫌い、スタートが5分ほど遅れる。君、君、空気読みなさいよw 出走するだけで大金がゲット出来るとはいえ、このご時世に海外から遠征してきたことには敬意を払いますが、なにをやってんだw

レーススタート。アーモンドアイが絶好のスタートを切るも、すぐにキセキがハナに立ち、1000m通過57,9のハイペースで大逃げを打つ。
アーモンドアイインコースで控えて5番手。その少し後ろにデアリングタクトレンブーケドール。2,3馬身後ろにコントレイルがぽつんと追走。
キセキがまだまだ大きなリードを保ったまま直線へ。離れた2番手にはグローリーヴェイズ。すぐ後ろにアーモンドアイ、横に間が開いてレンブーケドールが追い出し、その外からコントレイルが進出開始。一瞬立ち遅れたデアリングタクトは、レンブーケドールコントレイルが邪魔になり進路を求めて内に切れ込む。
残り200m、先頭はまだキセキ。2番手だったグローリーヴェイズをあっさり交わしたアーモンドアイが猛追。外からレンブーケドールコントレイル、内で進路を確保したデアリングタクトが一団で追走。
残り150mあたりでアーモンドアイキセキを捉えて単騎抜け出す。
残り100mを切り、アーモンドアイが先頭。内ではグローリーヴェイズがまだ2番手で粘っている。そのすぐ後ろでは、デアリングタクトレンブーケドールコントレイルがほとんど横一線。
残り50mを過ぎ、アーモンドアイが2馬身ほどのリード。横一線の3頭からコントレイルがわずかに抜けだし内で粘るグローリーヴェイズを捉え2番手に上がる。が、先頭との差は縮まらない。さらにレンブーケドールデアリングタクトが馬体を合わせたままグローリーヴェイズを交わして懸命の3着争い。
ルメール騎手が指を1本立てて投げキッス、芝G1最多勝馬・アーモンドアイが1馬身ちょっとの差を保ったままゴールイン。2着に福永騎手の左ムチで横一線からクビ差抜け出した三冠牡馬・コントレイル。最後懸命に手を伸ばした松山騎手に応えて三冠牝馬デアリングタクトが食い下がるレンブーケドールをハナ差抑えて3着。

痺れた~~~!!!

アーモンドアイ、やっぱ強え! コントレイル、頑張れ、差せ! うおー、デアリングタクト、内から盛り返してきた! 

最後の直線は瞬きを忘れて画面に見入ってました。
全身に鳥肌が立ち、危うく涙が浮かびそうになりました。
(いや、瞬きしてないからじゃないですよw)

感動した~~~!!!

アーモンドアイが現役最強馬の貫禄を見せたのも、その後ろでコントレイルとデアリングタクト、無敗の三冠馬二頭とカレンブーケドールが横一線で叩き合っているのも、キセキが大逃げ打ったのも、グローリーヴェイズが必死で食い下がっているのも、

面白かった~~~!!!

ええ、ええ、もう最高でした。

いや~、それにしても、まさか三冠馬三頭で決まるとは!
これまた、

たまらねえ~~~!!

ものすごく素晴らしいレースでした!!!

 

ジャパンカップ】東京12R 芝左2400m

◎⑥コントレイル 2着
まずは、

よく頑張った!!!

首筋をガシガシ撫でながら、そうねぎらってやりたい気持ちでいっぱいですw
細江純子さんがパドックを見て「覇気がない」と仰ってましたが、やはり疲れが残っていたんでしょう。それでも中団後方から上がり最速の脚を使いましたし、後ろから伸びている馬もいないので、やはりこの馬は強いです。未だに「今年の3歳世代は弱い。三冠馬二頭も弱い」と言ってる方がチラホラいらっしゃるみたいなのでもう一度言っておきます、この馬もデアリングタクトも間違いなく強いです(まあ、ここでいくら言っても仕方ないですがw
強いて欲を言えば、デアリングタクトの位置で競馬をして早めにアーモンドアイに並びかけて欲しかったなあ、というところでしょうか。この後は休養に入ることがレース前から発表されていましたし、一旦疲れを癒やしてもらって、来年の大活躍にめちゃめちゃ期待します!

〇⑤デアリングタクト 3着
ものすごい根性のある馬ですね。ラスト300m手前で進路がなくなったときは正直「あ、終わった」と思いましたが、そこから内に切れ込んで盛り返してきました。
ゴール前で松山騎手がぐいーっと手を伸ばしたのに応えたところに、三冠馬の意地を観た想いです。強かったですし、

よく頑張りました!

ゆっくり休んでください――と言いたいところですが、まだ「有馬記念」出走の可能性があるんでしたね。いや、おそらく、休養に入るんではなかろうかとは思いますがw

▲②アーモンドアイ 1着
これ以上ない見事な有終の美。G1・9勝目でキタサンブラックを抜いて獲得賞金も最多に。
「今回はサヨナラパーティーでした(笑)。絶対に日本で一番強い馬です」とルメール騎手。
はい、間違いなく

あなたは強かった。お疲れ様でした。

良い仔を産んで下さい!

△①レンブーケドール 4着
この馬も強かったですよね。隣枠の僚馬・アーモンドアイの邪魔をしないようにと、津村騎手は気を遣った部分もあるでしょうに。次走の「有馬記念」はなんの気兼ねもなく走れるでしょうから、軸にしようかなと今から迷いますw
ファン投票中間発表では30位でしたが、今日のレースで爆上がりするんじゃないでしょうか。

☆⑮グローリーヴェイズ 5着
絶好調というのは本当だったようですね。川田騎手も外枠からすぐに内に入れてのナイス騎乗だったと思います。「有馬記念」は使わないんですかね?

☆④キセキ 8着
好スタートから、1000m通過57,9での大逃げ。2000m通過タイムは、今年の「天皇賞・秋」より速かったみたいですね。
1コーナーで掛かってしまったと浜中騎手がコメントしているので狙っての戦法ではなかったみたいですし、結果的に惨敗となりましたが、観ている分には面白かったですw ただ今後に響きそうな暴走だったのでそこだけは心配ですが。

☆⑬ユーキャンスマイル 12着
後方待機のまま全く伸びず。原因は分かりませんが負け過ぎです。

×③ワールドプレミア 6着
前の5頭とは少し離されましたが、長期休養明けでも最後までバテずに頑張っていますし、この着順は立派でしょう。どうやら「有馬記念」は見送るようなので、来年の「天皇賞・春」が当面の目標になるんですかね? 有馬で観たかったですが、次走以降期待しています。

 

f:id:oneet:20201129161414p:plain

ガミったとかどうでもいいですねw

ていうか

紙馬券で持っていたかった!

記念に残しておきたかったですw

最後に――、今日くらいは浮かれてもいいでしょう、

競馬最高!!!