僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【有馬記念】予想

祭りの時間がやってまいりました、年末の風物詩

有馬記念

ここを当てられれば、ここさえ当てられれば、今年の負けは全てどうでもよくなる――とまではさすがに言いませんが、かなり救われた気分で2020年を締めくくれるのは間違いありませんw

是が非でも

当てたい!

しかし、そもそも本命、つまり三連複の軸にする馬が決められない!
レンブーケドールクロノジェネシスワールドプレミアの3頭までは意外とすんなり絞れましたが、そこから先がどうしても決まらない!

更に、何が何でも当てたい! と気持ちが掛かっているときは、迷いに迷いに迷って、結果、思い切り手広く買いすぎてなおかつ大体当たらない!!

それが世の常、競馬の常。

ワッショイワッショイ!!!

 

有馬記念】中山11R 芝右2500m

◎⑤ワールドプレミア
前走「ジャパンカップ」後、「来年が楽しみ」という雰囲気の武豊騎手(だったと思いますw)のコメントをどこかしらで見かけて、「ああ有馬はスルーするのね、出てきたら買うのに残念」と思っておりました。そしたら出てきました。買います。

上に書いた3頭の中からこの馬を軸にした理由は、昨年の「有馬記念」3着というある意味特殊なコース&レースでの実績(「跳びが大きく、中山は本質的には合わない」と陣営コメントが出ていましたがw)と、長期休養明けでも悪くなかった前走&2走目での上積みへの期待と、そして最後は、2020年ラストはレジェンド・武豊騎手と心中じゃい! というヤケクソです。ヤケクソにでもならなければ一生軸が決まらなかったことでしょうw

〇⑩レンブーケドール
前走「ジャパンカップ」、三冠馬三頭に食らいついての4着後、「有馬記念」の軸候補と書いた記憶がございます。ええ、割と本気でそう思っておりましたが、状況が変わりました。津村騎手の乗り代わりが発表され、なんとなく興をそがれました池添騎手云々の話ではございません)。新コンビの池添騎手、「有馬記念」に強いイメージがありますし、あっさり勝っても別に驚きません。それくらい強い馬だと思います。

▲⑨クロノジェネシス
宝塚記念」のパフォーマンスはえげつなかったですし、前走「天皇賞・秋」もアーモンドアイには一歩及ばなかったとはいえ存分に強さを見せてくれました。実績や時計の掛かる馬場などを考慮し、無難に考えればこの馬を軸にするべきなんでしょうけど、中山走ったことないのがちょっとだけ不安です。北村騎手も失礼ながら中山が巧いとは言い難い成績ですし。いやでも間違いなく強いっすよね~。

△⑬フィエールマン
昨年4着に加えて、前走「天皇賞・秋」ではアーモンドアイに迫る予想外のキレ味を見せましたし、ルメール騎手ですし。いや、この馬軸でも問題ないっすよね~。

☆⑫オーソリティ
過去のレースを見返してみても、中山がめちゃくちゃ得意とは思えないですが、復帰戦の初の古馬戦を快勝し、未知の魅力はたっぷりです。レースレベルが一気にトップクラスまで上がるので、川田騎手の三戦連続&二日連続のG1勝利とまではさすがにいかないとは思うんですけども。

☆⑦ラッキーライラック
馬場などの条件的には厳しそうですけど、ラストラン、頑張って! 幹夫先生&福永騎手といえばヴァンセンヌが思い出されますけども、……頑張って!w そして何より無事にゴールしてください!

結局、予想もへったくれもなくなってしまいましたが、

三連複⑤ー⑩⑨⑬⑫⑦の10点です。

ラヴズオンリーユーモズベッロサラキアキセキあたりもかなり気にはなりましたが、もうもうもうもう思い切って全部切りました。手広く買ってハズレたら新年に食べる餅が買えなくなるのでw

 

JRA通算300勝にリーチを掛けている木原厩舎のお馬さん2頭の応援馬券も買いましたが、今週は泡予告すらないただのドノーマルリーチですw