僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【京成杯】【日経新春杯】結果

京成杯】中山11R 芝右2000m

◎⑩プラチナトレジャー 5着
中団後方から脚を伸ばしたましたが掲示板まで。

〇④タケルジャック 9着
ペースが落ち着きすぎたからでしょうか、道中頭ブンブン振ってました。

適当予想ではありましたが、一番最初に、前に行く馬が多いからスローペースにはならないだろうな、と読んだ時点で破綻しておりましたw 

 

日経新春杯】中京11R 芝左2200m

◎④サンレイポケット 4着
道中、アドマイヤビルゴヴェロックスを見るような感じで、内の6番手あたりと想定より前での競馬。内にいたので直線で詰まるのではと危惧しましたが、意外とスムーズに進路を確保。この時点で馬券内は大丈夫かな、と思いましたが、馬場が荒れた内側を走り続けたツケか思ったほどは伸びず4着止まりでした。荻野騎手、レース全体でみれば決して悪い騎乗ではなかったと思うのですが、前走に続いて内に入れて伸びずだった点だけは悔やまれます。

〇⑩アドマイヤビルゴ 10着
スタート直後に内に入れて3,4番手からの競馬。終始掛かり気味だったことに加え、直線では前で若干ふらついていたダイワキャグニーが邪魔になり最内を走らざるを得なくなって惨敗に終わりました。まあ、進路が巧く確保出来ていても直線での止まり方をみるとそこまで結果は変わらなかったとは思いますが。「初めて走らなかった」との武豊騎手のコメントですが、原因は荒れた馬場なんでしょうか……。

▲⑪クラージュゲリエ 3着
発走直前に蹄鉄がはずれるアクシデント。レースでは、スタートから絶好のポジションをキープし、直線でもちょうど馬場の良いところを走るという文句のない競馬。最後は止まってしまいましたが、能力は十二分に発揮したんではないでしょうか。中京の福永騎手は安定感抜群ですねw

△⑨ヴェロックス 9着
3,4番手からの競馬も、すぐ外を走っていた勝ち馬とは対照的に全く伸びず、直線沈んでしまいました。「勝ち馬の内でリズムよく競馬ができて、なぜここまで負けるのか……」というなんとも悲しみ漂う川田騎手のコメントが全てですね。よく分かりませんが、よほどの事が無い限り、今後買い目に入れることはないですかね。

☆③サトノソルタス 5着
道中10番手あたりと、前走に続いてまたもや想定より後ろからの競馬にはなりましたがそれはいいとして、直線思い切り詰まったのはいただけませんw あれがなけれ間違いなくもっと上位に食い込めたはずです。内枠だったのでしようがない部分もあるとは思うんですが、もったいなさすぎる競馬でした。

☆⑬レイホーロマンス 6着
後方からの競馬。終始、外を走ってきてジリジリとではありますが最後まで伸びていますし、頑張っています。

☆⑭ショウリュウイクゾ 1着
中京&2200m巧者が格上挑戦で重賞初制覇。前に行った馬が全滅する中、先行して早め先頭から押し切る強い勝ち方でした。「4コーナーで手応えが悪くなって厳しいかなと思ったけど、手前を変えて伸びてくれた」といった勝利ジョッキーコメント。団野騎手、重賞初勝利おめでとうございます!

言い方は悪いですが、2着に突っ込んできたミスマンマミーアが邪魔すぎる!

そして馬券が全然当たりません!! 

来週からはガミるの覚悟でもうちょっと広めに買いましょうかね……。