僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【小倉大賞典】【フェブラリーステークス】結果

小倉大賞典】小倉11R 芝右1800m

◎⑮ボッケリーニ 2着
しっかりスタートして、前2頭が飛ばす中、5,6番手追走。コーナーで鞭を入れながら大外を進出し、直線上がり最速タイで突っ込んでくるも勝ち馬をハナ差捉えきれず惜敗となりました。好位から上がり最速を使ってますし、やはり能力は高いと思います。

〇⑥アールスター 4着
まずまずのスタートから中団前めでの競馬。コーナー手前から追い始めるも反応イマイチでしたが、それでも最後までしぶとく伸びてきました。なかなかのズブさでしたw

▲②ヴァンケドミンゴ 9着
後方からの競馬でコーナーでインを突くも伸びきれず。結果論ですが、ちょっと下げすぎましたね。

△⑦フェアリーポルカ 8着
好スタートから勝ち馬を前に見ながら先行するも、直線伸びきれず。文句のない競馬だったと思いますし、手応えもよかったように映ったのですが、これが牝馬限定と混合戦の差なのでしょうか。

×⑤ヴァンランディ 12着 
中団追走も見せ場なく。終始馬場の良くないインコースを走っていたことを差し引いても、現状重賞では力不足感は否めません。

☆③テリトーリアル 1着
スタートを決めて離れた3番手と絶好のポジションを確保。直線で馬場の良いところに出すと、残り僅かのところで前を捉え、一番人気の猛追を振り切っての勝利。前の二頭が飛ばしてくれたおかげで展開がピタリとはまったとはいえ、きっちり勝ち切る騎乗、石川騎手お見事でした。

☆⑨バイオスパーク 11着
中団後方からの競馬も見せ場なく。これまで通りある程度先行してくれること想定で馬券を購入していたのですがね……。

ハズレましたが、3着に粘ったディアンドルはどう考えても僕には買えないのでしょうがないですw

 

フェブラリーステークス】東京11R ダート左1600m

◎⑥アルクトス 9着
まずまずのスタートから5番手あたりの好位置を確保。手応え良く直線に向くも、追い出してから伸びず。なんなんですかね、いいポジションをキープした時点で「ヨシッ!」コーナーの手応えを見て「ヨシッ!」直線追い出して「ウソだろ!?」となりましたw 外々を回ってきたとはいえ、ここまで負けるとは……。

〇⑨サンライズノヴァ 11着
いつも通り後方待機から末脚に掛ける競馬でしたが、完全に不発でした。外の馬が軒並み伸びていないので馬場の影響もあったんでしょうけど、「反応が悪かった」との松若騎手のコメントもありますし、調子も万全ではなかったんでしょうね。

▲⑬ソリストサンダー 8着
中団後方からの競馬。大外を回って直線に向くも、伸びきれず。直線に入ったところから残り300mくらまでは伸びてきそうな気配がありましたが……。

△⑦ワンダーリーデル 3着
五分のスタートで中団追走、道中インコースに入れるとコーナーワークで前を射程圏内に入れる。最後は脚が上がってしまいましたが、いつも通り後方待機から大外を回していては間違いなく伸びていなかったでしょうから、いい競馬だったと思います。8歳ですが、まだまだ重賞戦線でやれそうです。

×⑭オーヴェルニュ 13着
先行するも見せ場なく。早々に手ごたえが悪くなっていましたし、馬体重も大幅に減っていたので、調子が悪かったんでしょう。

☆⑯レッドルゼル 4着
絶好のスタートから控えて中団追走。道中馬群に入れて、直線馬場の真ん中を伸びてきました。初のマイルはこなしましたが、惜しむらくは外が伸びない馬場だったことと大外枠だったことでしょうか。

☆③カフェファラオ 1着
ええっと、まずは謝らなければいけません、完全に侮っておりましたすみません。厳しい流れの中での、先行抜け出しの正攻法での勝利、文句なく強かったです。G1制覇おめでとうございます。ルメール騎手もさすがでした。

大ハズレもいいところですw 

ちょこっとだけ買っていた応援馬券もハズレて、日曜はボウズと相成り、トータルでそれなりの負けとなりました。さらに、サウジカップ等々を完全に見逃すという大失態も犯してしまい、がっかりしております。