僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【秋華賞】祝!デアリングタクト牝馬三冠達成!

やってくれました!!
デアリングタクト史上初の

無敗の牝馬三冠達成!

いや~痺れました~! 
馬群に包まれないように、枠なりに外を回ってきてちょうだい! 
と願っていたのですが、その通りの競馬できっちり勝ってくれました(最終コーナーで一瞬「アレ……大丈夫か??」と思いはしましたがw)
昨日、雨の中呪いの10円玉を手放すべく神社に行ったかいがありました。
松山騎手、プレッシャーに負けず馬を信じたナイス騎乗でした!

f:id:oneet:20201018220714j:plain

あ、馬券はハズレました。
相手に選んだ馬の中で一番上に来たのがミスニューヨークの5着で、
あとはウインマイティー9着。
中団、内での競馬、コーナーで追い上げるも直線伸びず。
リアアメリ13着、
5番手からの競馬、外目を走ってコーナーまでは良さげに映るも、直線に入る頃にはバタバタで脚が上がる。
ヤマザクラ14着、
いいスタートから4番手に付けて終始内ラチ沿いを回ってくるも、全く見せ場なし。
ウインマリリン15着なんで話になりません。
3番手外目で競馬を進め、コーナーで逃げるマルターズディオサを捉えに掛かるも捉えきれず、そのままズブズブ沈む。
という感じで話になりませんでした。前に行った馬(内を走っていた馬)が全滅しているので、やはり外差し超有利の馬場だったんですね~。

あと、読ませて頂いているブログで、2着のマジックキャッスルや3着に入ったソフトフルートを推している方が何名かいらっしゃり、世の中には予想の巧い方がいらっしゃるもんだなあ、と思った次第ですw

他の馬券では、新潟5Rメイクデビュー⑤ナリタフォルテ複勝が当たっただけの惨敗でしたが、なんとか二日連続のボウズだけは免れることができましたw

でもまあいいんです!
歴史的瞬間を観られたんで満足です!
そして来週もまたきっと歴史的瞬間が観られるはずです!
今度は福永騎手が指を3本立てている瞬間を。

 

【秋華賞】前日予想

 

秋華賞

以前宣言していた通り、

デアリングタクト頭固定

これは揺るぎません。
理由を非常に簡単にだけ述べさせて頂きますと

無敗の牝馬三冠達成の瞬間を見届けたい

という願望でございます。

で、肝心の予想ですが、

◎⑬デアリングタクト
△⑤ウインマイティー
△⑰ウインマリリン
リアアメリ
☆①ヤマザクラ
☆⑮ミスニューヨーク

デアリングタクトが100%、絶対に、間違いなく勝つ、という予想なので〇(対抗)も▲(単穴)も使いませんでした。△を2,3着で、☆を3着で三連単を買う予定です。

ウインマイティー
前走の紫苑ステークスはこの馬を軸に買っていましたが、まさかあんなに後ろから競馬をするとは予想できずにレース途中でハズレを確信し若干イラッとしました。それでも、一応上がり最速を使って際どいところまでは迫っていたのを観てやはり能力は上位だなと思いました。あとオークスではお世話になりましたしねw

⑰ウインマリリン
オークス
2着からの直行や鞍上の横山武史騎手の京都競馬場での騎乗経験の少なさ(過去1度しか乗ってないみたいです)、秋華賞で過去10年連対のない⑰(コレに関してはあまり気にしませんが)など不安点はありますが、スクリーンヒーロー産駒で馬場があまり回復しなかった場合でも問題ないでしょうし、この馬にも「オークス」でお世話になりましたからw

リアアメリ
オークス4着後、前走のローズステークスを勝って復調の兆しが見えましたが、馬場が回復していなかったら、☆に下げるか切ります。

ヤマザクラ
安定して走る馬ですし、オークスからの距離短縮も好材料だと思います。あとは福永騎手が太秦ステークス」クリンチャーみたいな騎乗を避けてくれたらな、という感じでしょうか(過去何度も裏切られてますが、僕、福永騎手好きなんですよ)w リアアメリの評価を下げた場合この馬を△にします。

ミスニューヨーク
馬場が回復していなければ念のために押さえておこうかな、くらいです。

こんな具合に、明日の馬場がどこまで回復するかによって、若干買い方を変える可能性もありますが、現状はこんな感じです。

内より外枠の方が良いよなあ、と思ってたんで⑬は好材料
もうロスなく立ち回るとか余計なことは考えず大外ぶん回しでいいと思います。

デアリングタクト松山騎手、頑張って!!

歴史的瞬間を見せてください!

 

【アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス】など土曜回顧

 

10月に入ってから、競馬とスロットが全く当たらないわ(前者はいつものことなのですが、後者はそれなりの努力と苦労の結果、ここ2,3年ほどは月単位でほぼずっとプラス収支をキープしていたのが今月は久々に結構なマイナス収支になりそうな予感)、特になにもないのになんだか精神的に落ち込んだり、どうにも調子がよろしくなく、ふと気になって財布の中を整理しておりましたらば、奥の方からコロコロコロリと10円玉が転がってきました。その10円玉には、黒マジックで「殺」の文字がデカデカと書かれていました。しかも両面に。

ギャーーー!

ホラーです。
今はおつりをトレイに置かれることがほとんどなのでコンビニやスーパーで買い物したときだったら気付くでしょうし、おそらくどこかの……いや、ほぼ間違いなくパチンコ店の自販機から出てきたものなんでしょう(ここ最近、パチ屋以外で自販機使った記憶がないのでw)。
普段だったら全然気にしないのですが、今回は件の10円玉を見た瞬間になぜか背筋がゾクッとしたこともあり、明日の秋華賞の前にさっさと手放しておこうと、雨の中近くのコンビニに向かいました。が、普通に使うのも気が引けるしレジ前の募金箱に突っ込むのもなんか違う気がして方向転換。少し足を伸ばして近所の神社に行き賽銭箱に入れてきました。神様に、10円玉にくだらんイタズラをしたヤツの怨念とついでに僕自身の調子の悪さをなんとかしていただけたらな、と図々しく願っております。
ていうか

貨幣に細工すんの普通に犯罪だからな! 

スロットかパチンコで負けた腹いせなんだろうけど、ギャンブルなんて全部自己責任だ! 台を殴ったり、こうやって10円玉に落書きしたり、物や人にあたったりするのは三流のクズだバーカ、バーカ!!! 
はぁ~ぁ……。

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス

前日予想がこちら。
◎③フェアリーポルカ
〇⑤ラヴズオンリーユー
相手②ダノンファンタジー、⑦トロワゼトワル、①シゲルピンクダイヤ、⑥シャドウディーヴァ
③⑤を軸に三連複4点。

稍重で留まると想定していましたが、5レースから早くも重馬場にまで悪化。しかし、それは大歓迎。
本命対抗ともに馬体重の増減が激しかったのですが、フェアリーポルカは重賞2連勝のときに絞れて戻った、ラヴズオンリーユーエリザベス女王杯に向けての叩きなんでしょうけど、だとしても走れないほど太め残りでしたなんてミスを矢作先生ならしないだろうと判断して前日予想、買い目ともにまんまの勝負。

レースは、予想通りトロワゼトワルが飛ばしての単騎逃げ。大きく離れた2番手に手綱を絞って控えたダノンファンタジー、更に離れて本命フェアリーポルカ、内にはシゲルピンクダイヤ、外には若干行きたがっているもう1頭の軸ラヴズオンリーユー。その後ろでシャドウディーヴァサラキアが馬体を合わせて、最後方にポツンとサムシンググジャストという展開。
コーナーにさしかかる手前でサラキアが外から上がってきて、ラヴズオンリーユーフェアリーポルカと並んで直線へ。
残り400mを切ったあたりで終始2番手だったダノンファンタジーがずるずる後退。フェアリー&ラヴズの両頭ともに伸びあぐねてもがいているところに最後方にいたサムシングジャストが内を突いて上がってくるし、中からはシャドウディーヴァが良い脚を使い、外のサラキアは更に抜群の伸び脚で逃げるトロワゼトワルをあっさり交わし、突き放して1着でゴール。2着にシャドウディーヴァ、3着は逃げ粘ったトロワゼトワルをゴール直前で交わしたサムシングジャスト、となりました。

本命③フェアリーポルカは、8着と最下位に沈み、もう1頭の⑤ラヴズオンリーユーは最後ようやく伸びてきたもの5着と、

大ハズレ!

でございました。
ラヴズオンリーユーはおそらく道悪ダメなんでしょうね~(ダノンファンタジーよりはマシっぽいですが)。ただ、直線半ばではシンガリまで沈むんじゃないかと思っていたのが、最後若干盛り返しているので、距離の伸びる「エリザベス女王杯」は、馬場さえ悪くなければ買い目候補には残しておきます。
一方、フェアリーポルカに関してはお話にもならない感じでしたw
直線向いたときには手応え抜群に映ったんで、あっさり突き抜けるんじゃないかと思ったんですけど追い出してから全く伸びなかったですね~。終始馬場の悪いところを走っていたことを差し引いても良いところなしでした。

勝ったサラキアは道悪での成績が悪すぎたので完全にスルーしていたのですが、馬場のマシな所を通ったとはいえ、非常に良い脚を使いましたね~。
先日同条件の毎日王冠を勝った弟のサリオスに負けじと頑張ったんでしょうかw
多頭数になるであろうエリ女でも同じような競馬が出来るかは疑問ですが(そもそも次走がどこなのか知りませんが)、出てくるのであれば買い目に入れるかどうか悩む1頭にはなりそうです。

あと触れておきたいのは、トロワゼトワルですかね。
馬場を考えればペースは早めでしたし、距離も長かったように思うのですが、前目に付けた馬が全滅していることを考えると、やはり前に行かせると中々にしぶといですね。
さすが横山典騎手、見せ場十分の競馬でした。

【今週の気になる馬】

京都10R「清滝特別」②メイケイハリアー

再びチークピーシズを付けての出走。
スタート一息も押して番手を確保。馬的にも馬場的にもこれは正解だったと思うのですが、最終コーナーで外から③ダンツイノーバに交わされると抵抗できずそのまま後退していき9着と見せ場なく惨敗。無理なペースだったわけでもないし、重馬場がダメなのか(ゴールドアリュール産駒なのでこなしてくれると思ったのですが)、気性面が影響したものなのか敗因はよくわかりません。お姉ちゃんの相棒・酒井騎手に乗り変わっての一変を願ったのですが残念な結果でした。もちろんまだまだ追いかけ続けますが。

クリンチャーベストタッチダウン二頭軸で挑んだ太秦ステークス】など他のレースも全滅で土曜日はボウズでございました。

 

【アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス】前日予想

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス

木曜に出馬表を眺めていたときは、8頭立てと少頭数なんだからここはさっくり当てないとなぁと気楽に構えていたのですが、ところがどっこい侮るなかれ、キャンディーズでした。いや難解でした。
……年々くだらないことばかりが次から次へと頭の中に浮かんでくるようになり、更に悪いことにそれを脳内で留めておくストッパーまでバカなっていく有様。脳の老化ってコワイですね……。
コレは間違いなく考えれば考えるほどワケが分からなくなるタイプのレースです!
そしてどの馬が来ても、

あー、やっぱりそっちだったかぁ!! 

となる予感ぷんぷんでございます。

当日早朝からの雨予報を多分に考慮して、初めに選んだ本命はフェアリーポルカでした。不良馬場の中山牝馬ステークス勝ちに重馬場の愛知杯4着は十分な根拠になり得るだろうと考えたわけです。
次に考えたのがオークス馬のラヴズオンリーユー。能力的にはおそらく最上位なんでしょうが、いかんせん良馬場しか走っていないことに不安を覚えて却下と相成り、
3番目はダノンファンタジー。能力的には間違いなく上位なんでしょうが近走の安定感のなさがコワイ上にこの馬も馬場が渋ったときに不安があるのでやはりボツ。
となると、稍重まではこなしているトロワゼトワルか……いやいや距離延長が大いに不安だ。
じゃあ、シゲルピンクダイヤなんかどうよ、うーんワンパンチ足りてない印象。
おやおや、シャドウディーヴァまであるんじゃないか――。
……ええ、もうドツボです。

そして結局こうなりました。

◎③フェアリーポルカ
〇⑤ラヴズオンリーユー
相手②ダノンファンタジー、⑦トロワゼトワル、①シゲルピンクダイヤ、⑥シャドウディーヴァ

三連複軸2頭ながし4点!

経験上、迷ったときは一番最初のインスピレーションを信じるべし!
あくまで前日予想なので、当日の様子次第では買い方を変える可能性はなきにしもあらずですが、とりあえずはコレでいきたいと思っております。

あ、昨日【今週の気になる馬】で挙げた、
京都10R「清滝特別」②メイケイハリアー
応援馬券なんかもちょこっと買いたいと思っております~。

 

追記
10/17(土)午前6時半現在、府中から電車で30分少々のところでは、想定していたより小降りの雨が降っています。これくらいだったら、重寄りの稍重くらいになるんじゃないかな~。

【今週の気になる馬】デアリングタクト馬体重大幅増!

 

いつからですかね……かれこれ十数年になるでしょうかね、
木曜日をこんなに意識して日々を過ごすようになったのは。
そうです! 
木曜は

出馬表の発表日

です!!!

16時になると、とりあえずJRAのホームページへGOするのです。
そして、とりあえずざーっと出馬表を眺めるのです。
その後、個人的に応援している厩舎や騎手の出走馬・騎乗馬をチェックし、そこから重賞等のメインどころを吟味し始めるのです。
コレが堪らなく楽しい時間なのです!

ん~~~、競馬に出会えて良かった~~~!

思わず世界陸上好きの某俳優さんばりにそう叫びたくなるほどなのです(古いし大げさ)。
そしてまた、日曜の最終レースが終わるとすぐに、次の木曜が早くこないかなあ、と毎回恋しく思うのです……。
そんな、あ、そんな生活なのです。

 

さて、ウザイ前置きはこのくらいにして、
これから毎週木曜日は、その週末に出走するお馬さんたちの中から特に気になった馬を挙げていこうと思います。
と言っても、

調教抜群、今週の穴馬はコレだ!

とか

信頼度激高、軸に最適な1頭! 

みたいな予想のヒントになるような有益な情報などではなく(そもそもそんな情報知りませんしw)、
ほとんどの場合、僕がただただ

気になった馬

を挙げるだけなので、期待はしないでくださいw

【今週の気になる馬】

1頭目

日曜11R G1「秋華賞
デアリングタクト
 父:エピファネイア
 母:デアリングハート
 母父:キングカメハメハ
 鞍上:松山弘平騎手

そりゃもう、今週は史上初の無敗の牝馬三冠が掛かったこの馬しかないでしょう。
先に宣言しておきますが、

デアリングタクト頭固定で馬券を買います。

だって、無敗の牝馬三冠誕生の瞬間を観たいんですもん!

火曜か水曜あたりに『前走時より馬体重20Kg増加』という話を見かけて一瞬ドキッとしましたが、レース前追い切りを終えた時点では前走のオークス時よりも14Kg増の480Kgになったとのこと。
一応、馬体写真もチェックしてみましたが、全く太いという印象は受けなかったので、成長分なんじゃないでしょうかね。松山騎手も追い切り後に「体重が増えて以前よりパワーアップしている」とコメントしているので心配しないで大丈夫でしょう。
実際のところパドックで歩いている姿を観てみないと分かりませんし、パドックを観たところで何も分からない可能性大ではありますがw

不安点を挙げるならば、京都芝2000m未経験と鞍上松山騎手の京都芝2000mの成績が非常によろしくない(2020年に至っては未勝利)こと&三冠へのプレッシャーというところでしょうか。
これまでみたいに後ろからの競馬をするのであれば、オークスのときのように包まれて中々抜け出せない、というネガティブなイメージがどうしても浮かんでしまいますし、上記不安点が重なって包まれたまま終了の可能性もなくはないと思いますが、能力はダントツですし、期待と願望含めて歴史的瞬間を信じます!

 

2頭目

土曜10R「清滝特別」

メイケイハリアー
 父:ゴールドアリュール
 母:ヒカルカリーナ
 母父:メジロマックイーン
 鞍上:酒井学騎手

牝馬重賞2勝馬フーラブライドの全弟ですね~。
フーラブライドはデビューから芝のレースを3回使って以降ずっとダートを走っていた(ダートに変わり10戦目でようやく未勝利を脱出、その後500万下でそれなりに堅実な成績を収めていた)のですが、再び芝に戻った2400mのレースで一変。500万下を勝ち上がると続く1000万下も連勝、その勢いのまま2013年のG3愛知杯を、ご存知『軽ハンデ職人』の酒井学騎手を背に斤量50Kgを活かし、格上挑戦・単勝12番人気で制しました。このレースでは単複でお世話になりましたw

他にも兄弟には、高い素質を秘めながらも脚元が弱くて活躍できなかったメイケイレジェンドメイケイゴール(共に父:ステイゴールド)がいたり(タラレバになりますがこの二頭は脚部不安さえなければきっと重賞戦線で活躍していたことでしょう)、
エーティータラント(父:デュランダル)は、担当していたその道30年以上のベテラン厩務員さんが「今まで(担当した馬)で一番(気性が)悪い」と言うほど世話をするのに苦労していたそうです。
つまり、虚弱体質で気性難な血統ということです。
……そんなん、

めっちゃ親近感湧くやん!

ということで、フーラブライド以降、ヒカルカリーナの仔は全頭応援しています。

もちろん、このメイケイハリアーもデビュー以来ずっと追いかけております。
この馬も他の兄弟、レースっぷりを観ているとやはり気性面はあまりよろしくない印象ですし、レースの使い方から脚元も丈夫とは言えなさそうで、現状中々結果が出せていない状況です。
前走は、意図的だったのかは分かりませんが4,5番手に控えての競馬をして案外でした。
過去にチークピーシズを付けていたこともあるので、現段階ではやはり前に行った方が良いということなのかもしれません。
素質はあると思いますし、少なくとも2勝クラスは突破できる馬だと思っています。
今回は、全姉フーラブライドの相棒・酒井騎手との初コンビとのことなのでお姉ちゃんみたいな一変を期待しております!

 

 

【マイルチャンピオンシップ南部杯】日本レコード決着!

10日ほど前でしょうか、窓を開けておりましたところ、秋風に乗ってほのかな花の香りが部屋の中に漂い入ってきました。それは小学生の頃、通学路でよく嗅いでいたキンモクセイの香りでした。ああ、懐かしいな、と思わずノスタルジックな気分になったのも束の間、キンモクセイの香りはどんどん強くなり、しまいには頭痛を催すほど強烈に。

 

オエッ! くっせ!!!

 

僕は急いで窓を閉めました。その後しばらく、ガンガンと痛む頭を抱えてとても悲しい気持ちになりましたとさ、おしまい。

 

【MCS南部杯

さて、意味の分からない話は置いておきまして、競馬の話をしましょうw

本日10月12日(月)、盛岡でJpn1【南部杯】が行われましたね!
僕は、応援している馬が出走している場合を除いてほとんどの場合、地方競馬は馬券を買わずにレース結果だけをチェックすることが多いんです(今回みたいな大きいレースは映像も観ますが)。というわけで、今回も馬券は買わずに予想だけしてレースを観戦することにしました。

その予想がこちら、

 

サンライズノヴァ

相手③インティ ⑤モズアスコット アルクトス ⑮ワイドファラオ ゴールドドリーム

堅実で大崩れはないだろうということで一番人気のサンライズノヴァを軸に、三連複軸1頭ながしで10点。はい、見事に中央馬ばかりです。だって、

 

地方馬、分かんねえもん!

 

コレが地方競馬をほとんど買わない一番の理由です。いや、中央のレースに出張してきたり、交流重賞の常連だったらさすがに名前くらいは分かるんですよ。でも、得意な距離や馬場・コースや他馬との力関係までは脳みその容量的に追いつかないんですもんwで、そうなるとどうしても中央馬ばかりの組み合わせになってしまう。そうなるとオッズが悲惨なことに。

 

f:id:oneet:20201012202303p:plain

はい。コレではリスキーすぎてさすがに買えないっすもんねw

さてさて、レースは予想通りインティがハナを奪う展開でしたが、直線を待たずして2番手集団のモズアスコットアルクトスに飲み込まれ、直線に入ってもその2頭の一騎打ちでゴール前アルクトスがクビ差抜け出してゴールイン。2着にモズアスコット、3着に大井のモジアナフレイバー

予想通り堅実には走ってくれたサンライズノヴァは4着。相手予想の他の中央馬は、ゴールドドリーム6着、軸にしようか迷ったくらいには期待したワイドファラオは道中5番手くらいの競馬になってしまい7着、インティ武豊騎手じゃないとダメなのか、馬が走る気なくしているのか分かりませんが惨敗の9着。
まあ、つまるところ

買わなくて正解!!!

という結果でしたw
そしてなにより驚いたのが、ダート1600mの

 

日本レコード!!!

 

競馬場が違うのでなんとも言えませんが、歴代ダート最強馬論争にまず間違いなく名前が出てくるあのクロフネ(ダートは2走しかしてないけど、武蔵野ステークスジャパンカップダートもえげつない強さだったなあ)の記録を塗り替えてのことですからスゴイっすね~。
しかしまあ、コレで盛岡競馬場は雨で馬場が堅くなれば超高速決着になるという知識を得ましたw あまり使う機会はないでしょうけどねw

にしても、1分32秒7って……あんた……芝のレースちゃうねんから、ホンマ……。

 

【毎日王冠】サリオス完勝でホッと一安心。【京都大賞典】『三連複軸2頭ながし』で勝負。

毎日王冠

 

サリオス強っ!!!!!

 

初めての古馬相手に3馬身差を付けて、

正に完勝!

と言っていいんじゃないでしょうか。

ハナを切ったトーラスジェミニがハイペースで飛ばして、その後ろにコントラチェック、そこから結構間が空いてダイワキャグニー、その外に単勝1,3倍の圧倒的人気を背負ったサリオス、もう一頭の三歳馬で二番人気のサトノインプレッサはスタートで大きく出遅れてサヨウナラな展開。直線に入ったところでは前を行く東京巧者のダイワキャグニーの方が手応え良さげに映ったので一瞬ヤバイかなと思いましたが杞憂でした。直線半ばで先に抜け出したそのダイワキャグニーをいとも簡単にアッサリ捉えて、余裕の勝利!

もう一度言わせてください、

サリオス強っ!

アンカツ(元騎手の安藤勝己)さんが「役者が違う」とTwitterで呟いてらっしゃいましたが、ホントその通りのレース内容でしたね~。
いや確かに、文句を付けようと思えばいくらでも付けられるでしょう。メンバーが弱いだとか斤量が軽いだとか。
で、なにがホッと一安心かと申しますと、

3歳牡馬世代は弱くない!

という事が証明されたことですね。強い世代とまではまだ言い切れないかもしれませんが、少なくとも弱くはないんじゃないでしょうか(出ました、得意の保険を掛けた発言w)つまり何が言いたいかと言いますと、古馬相手に『毎日王冠』を完勝したサリオスを子供扱いしていた二冠馬

 

コントレイル、化け物じゃん!

 

ということです!
なんかねえ、クラシック勝ち馬、特にダービー馬がね、古馬になって無様な競馬をしているのを目にするのは競馬好きとして結構なショックなんですよね~。無性に悲しくなっちゃうんすよ(コントレイルと同じノースヒルズの特定のダービー馬のことだけを指しているわけではないですよw)。だからコントレイルに関してはそこまで心配しなくていいかな、とホッと一安心しておる次第でございます。いや、実際古馬になって走ってみないことには全然分からないんですけどね(念のため更に保険を掛けておきますw)。

なんだかサリオスをダシに使ってるみたいでちょっと申し訳ないですが、この馬も相当強いと思うのでもちろん今後の古馬戦線に期待しています! 次走は『マイルCS』か香港に向かうとのことらしいですが、いや~『天皇賞・秋』で観たかったなあ、同馬主のアーモンドアイがいるので仕方ないとはいえそこだけはちょっと残念です。

まあいずれにせよ、毎年決まって現れる『今年の三歳世代は弱い』論者の声がこのレースのおかげで多少は小さくなるんじゃないかと思うと胸のすく思いですw

ちなみにこのレースの馬券購入は控えました。昨夜一瞬、ダイワキャグニーから買おうかな~、と考えましたが、上記の理由からサリオスの負けを願うのはイヤだな、と思ってやめておきました、はい。

 

 京都大賞典

 

秋の中距離古馬G1戦線を占うこちらのレースについては馬券を買っておりました! しかも、紆余曲折を経て辿り着いた『三連複軸1頭ながし・相手4頭~8頭』(つまり6点~28点)買いを基本にしている僕にしては超珍しく、

三連複軸2頭ながし相手3頭!

すなわち

合計3点

という絞りに絞った馬券で勝負しました! 果たして僕は、なぜそんな無謀な賭けに出たのか――。
相当に自信があったのか――

否っ!

毎日王冠】のような事情からなのか、はたまたずっと追いかけ続けて応援している馬が出走していたのか――

否っ否っ!!

……もしかして……いや、まさか……PAT用の口座にお金が入っていなかったのか――

鉄板!!!

398円しか入ってなかったんだよ! チキショー!!
いやお恥ずかしいったらない。今朝方寝る前に馬券を買っておこうと思いようやくそのことに気付きまして(基本的に前日夜に馬券を購入しておくことが多く、土曜競馬は台風の影響で前日販売がなかったため気付きませんでしたw)……。そして、コンビニのATMへ走るか否かの大いなる選択を迫られた結果、眠気に負けたという次第でございます。
なにが

競馬はライフワーク( ・`ω・´)キリッ

だ、バカヤロウ! 二度と偉そうなこと言うなよ!!
 ……さて自分への戒めはこのくらいにしまして、どんな馬券を買ったかと言いますと、

◎⑰キングオブコージ
〇⑮パフォーマプロミス
相手②キセキ、③シルヴァンシャー、⑬グローリーヴェイズ
の3点。

……。

1着⑬グローリーヴェイズ
普通に強かったですね。

2着②キセキ
出遅れからあそこまで追い込んでくるとは思いませんでした。

3着⑰キングオブコージ
大外枠+前走より斤量3kg増+相手強化でも頑張りました。

…………。

眠いの我慢してコンビニに走ってりゃ、いつもの三連複軸1頭ながし6点で当たってたじゃねえか、バカヤロウ! 人気決着でも余裕でプラス収支じゃねえかこのスットコドッコイ!

……。

…………。

 競馬はライフワーク( ・`ω・´)キリッ

……来週は気をつけます。