僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【マイルチャンピオンシップ】結果

マイルチャンピオンシップ】日曜阪神11R 芝右1600m

◎⑫グランアレグリア ルメール騎手 1着
有終の美。中団後方外め追走。直線でも大外から上がり最速の末脚で前をまとめて差し切りました。何も言うことのない現役最強の競馬でした。G1・6勝目、おめでとうございます。そしてお疲れ様でした、良い仔を産んで下さい。ルメール騎手はこれでJRA通算1500勝達成、重ねておめでとうございます。

〇③シュネルマイスター 横山武騎手 2着
まずまずのスタートから内めのちょうど中団あたり追走。直線半ばまで中々良いところに出せず、出せた頃にはすでにグランアレグリアがやって来ていて世代交代とはならず。とは言え、2着ですし、今後のマイル路線はこの馬を中心に回ることになるんでしょうね。

▲⑦インディチャンプ 福永騎手 4着
好位から直線半ばでは一瞬先頭を伺うも差し馬の強襲に遭い馬券圏外。見せ場は作りましたし、相変わらず堅実に上位に来る馬だな、とは思いますが、馬券的には痛恨のハナ差4着です。祐一さ~ん、そこは残しておくれよ~w

ケイデンスコール 岩田康騎手 10着
後方からも見せ場なく。本調子じゃなかったかも、と言うことが影響しているのでしょうか、直線でもほとんど追われてませんでした。また距離適正も短距離に向きになっているのかも、とのことですし今後はもっと短い距離を使われることになるんでしょうかね。

×⑪カテドラル 戸崎騎手 9着
スタートで後手を踏み後方から。上がり33,1秒ですしこれがただの重賞だったら上位まで食い込んで来ていたかもしれませんが、そこはG1ですから周りも強いです。ペースが上がらず展開も不向きでしたし、またG3とかではお世話になることと思います。

☆⑨グレナディアガーズ 池添騎手 13着
願っていた通りに前には行ってくれましたが、あれだけ掛かってしまってはどうしようもないですね。

☆④サリオス 松山騎手 6着
手綱を押さえながら好位から。直線に入って早めに先頭に立ちましたが、坂を上がったところで一度交わした逃げ馬にも差し返され惜しくも2年連続の掲示板は逃しました。

三連複⑫ー③④⑥⑦⑨⑪の15点。

3着にダノンザキッドが入りハズレ。元々切る予定だったのでしょうがないんですが、もう1頭切る予定だったサリオスを買ってしまったことの方が悔しいですサリオスが嫌いとかそういうことではないですよw)

グランアレグリアはコンディション等々ピークではなかったとは思いますが、それでもシュネルマイスター以下をねじ伏せてラストランを飾りました。良いものを観させてもらいました。

 

応援馬券
阪神2R ⑧スリードレフォン 池添騎手 3着
先頭集団の最後尾に取り付く。コーナーで外めから上がっていき直線に入ったところでは頭まであるぞと思いましたが早めに仕掛けた分でしょうか、最後は甘くなりました。それでもやはりダートの方が良さそうです。一変とまではいきませんでしたが、頑張ったでしょう。複勝あざす、と言いたいところですが、人気どころが飛んだのに3倍しか付かないとは……。

というわけで、土日共に重賞をハズしてのマイナスフィニッシュでした。