僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【オークス】予想

軸馬探しの旅は、サトノレイナスホウオウイクセルの幻影がつきまとう辛く苦しく長いものでした……。

その果てしない旅路の末に辿り着いたのは――。

 

オークス】日曜東京11R 芝左2400m

◎⑥ウインアグライア 和田騎手
ホウオウイクセルの回避が発表されたときに一番最初に軸候補に浮かんだのがこの馬でした。これといった明確な理由はありません、直感です。強いて言うなら、過去に何度かこの馬を軸にしてハズしている悔しさでしょうかw 雨が降っていたらその直感を信じたことでしょう。しかし良馬場開催が濃厚となると、軸にするには、若干能力的に足りず展開の助け(ソダシなりがそれなりのペースで逃げて、その番手から抜け出して粘り込むことが出来るような、キレだけの勝負にならない展開)が必要な気がしました。

〇⑤クールキャット 騎手
前走「フローラステークス」は強かったですね。それまでの苦戦続きがウソのような鮮やかな勝利でした。加えて、僕は武豊騎手のファンですから、それは当然軸候補に挙がってきます。ただ、いかんせん軸にするには不安定な感が否めません。

▲⑨ユーバーレーベン デムーロ騎手
重賞で3戦連続3着です。最後は確実に良い脚を使って上位争いに食い込んできますし、当然軸候補でした。ですが、勝ち切るまでのイメージは湧きませんし、そこがなんとなく不安なところです。

△⑦アカイトリノムスメ ルメール騎手
桜花賞」4着の超良血馬ですね。鞍上はルメール騎手ですし、軸にしてもいいかも、とは思いました。重賞勝ちもありますし、東京競馬場との相性もいいようです。ただ、それでも本格化はまだ先でしょうし、どうにも迫力に欠けるように感じてしまいます。

×⑱ステラリア 川田騎手
前走、2000m戦を快勝しているこの馬も軸候補の一頭でした。大外枠でなければ、大外枠でさえなければ!

☆④タガノパッション 岩田康騎手
……この馬だけは軸候補ではありませんw デビュー戦で33秒の脚を使っていますし、人気薄で一発があるならこの馬かな、と。

 

三連複BOX⑥⑦⑱⑤⑨④の20点です。

 

はい、長い長~~~い旅路の末に辿り着いたのは、軸馬が見つけられずのBOX買いでしたw

いや~、展開も読めないし難しすぎますね。ここ最近こんなに悩んだことはありませんw 色々考えすぎて頭痛がしてきたので、シンプルに距離の不安がより大きいかな、と思われる馬たちをガッツリ切った上で残った馬をBOXで買うことにしました。
ええ、ええ、この時期のクラシックは距離適正がそこまで重要ではないことはもちろん分かっていますとも。でも、軸馬が見つけられなかった以上、これ以外に買い方が見当たらなかったのです。

無敗の二冠がかかるソダシは断腸の思いで切りました。別にソダシが嫌いなワケではありません。なんなら、距離不安を吹き飛ばしてあっさりと勝ってくれたらそれが一番いいんじゃないか、とさえ思っております。ただ、2,3着に入るのだけは勘弁してほしいです(それが一番悔しい馬券のハズレ方だと思うので)w

 

応援馬券

新潟12R「火打山特別」⑫エスケーアタランタ 川又騎手
昇級戦ですし、上位人気3頭が強いとは思うのですが、なんとか馬券圏内に食い込んでくれないかな、と淡い期待を抱いております。単複を少々。