僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【天皇賞・春】予想

天皇賞・春】日曜阪神11R 芝右3200m

◎⑫ディープボンド 和田竜騎手
前走、重馬場の「阪神大賞典」5馬身差の圧勝。「中山金杯」を観て、小回りコースでは二度と買うか! と思っていますが、阪神でこのメンバーなら大丈夫じゃないでしょうか。願わくばもう一雨降って、馬場が乾き切らないでほしいところです。和田騎手二日連続の重賞制覇なるか!?

〇①ワールドプレミア 福永騎手
2019年の「菊花賞」馬です。G1馬はこの馬とマカヒキだけですかね、ちょっと寂しい感じですねw 前走「日経賞」では牝馬二頭に僅差で敗れていますが、距離や斤量などを考慮すれば、問題ないでしょうし、もし武豊騎手のままだったら軸で買っていたと思います(例によって福永騎手云々ではなく)。まあ、格式高いレースだけに仮に勝ったら、騒がれるでしょうね。

▲⑰オーソリティ 川田騎手
前走「ダイヤモンドステークス」勝ち馬とクビ差の2着。距離が不安材料になりそうな馬が多い中、そこは大丈夫そうですが、初の阪神がどう出るかですかね(東京だったら本命候補なんですが)。外枠は、参考になるか分からないデータだけ見て問題ないと判断しましたw あと、こちらも勝ったらちょっと騒ぎになりそうです。

△⑦ユーキャンスマイル 藤岡佑騎手
昨年の4着馬で、前走「阪神大賞典」は、ディープボンドから離された2着でした。昨秋は不調でしたが、「本来の反応が戻ってきた」との陣営コメント。それが本当だったら上位争い必至でしょう。

×②アリストテレス ルメール騎手
前走「阪神大賞典」は7着と人気を大きく裏切りましたが、昨年「菊花賞」のコントレイルとの叩き合いを思い出すと押さえざるを得ません。中距離の不良馬場で勝ち鞍がありますが、前走を鑑みると馬場は乾いていた方がいいでしょうし、折り合い面も不安があります。その2点をクリアすればそれこそ勝ち負けだと思います。

☆⑤ディアスティマ 北村友騎手
OP入ホヤホヤで古馬重賞初参戦です。前走なんか観る限りでは、スタミナはありそうな感じですね。幹夫先生のところの馬がどう出るのか……。楽にハナを切れたら面白そうではありますが、なんと言っても格式高い「天皇賞」ですし、そんなに甘くはないですかねw

一応、印を付けてはみましたが、今回はボックスで買いました。

三連複⑫①⑰⑦②⑤のBOX20点です。

果敢な挑戦を応援したい気持ちは山々ですが、点数多くなるので牝馬二頭は切りました。

 

応援馬券

阪神5R ⑤ヤマニンルリュール 富田騎手
デビュー戦で勝った1400m戦、富田騎手なので斤量も軽いということで、なんとか巻き返して欲しいんですが、果たして。単複厚めで。

阪神10R「端午ステークス」⑯ペプチドサンライズ 富田騎手
傾向的には有利な外枠に入りました。問題は200mの距離延長です。ここで好結果を残して、さらに欲を言えばマイルまでこなしてくれるとこの先の楽しみがグンと広がるんですが。こちらも単複厚めで。