僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【アンタレスステークス】【皐月賞】予想

アンタレスステークス】日曜阪神11R ダート右1800m

◎⑧ヒストリーメイカ 内田騎手
前走「マーチステークス」2着。このときも軸にしていて三連複万馬券を的中させてもらいましたので、続けての指名ですw 中々重賞制覇とまではいきませんが安定して走りますし、軸で買うには何より安定感がありがたいです。阪神での実績もありますし。

〇⑦アナザートゥルース 藤岡祐騎手
一昨年の勝ち馬&昨年の2着馬で、このメンバーでは実績上位です。阪神競馬場はすでに雨が上がっているようですが、仮に馬場が回復しなくても歓迎です。不安点は、調教がイマイチらしいことと、乗り替わりでしょうか藤岡騎手云々ではなく)

▲④テーオーケインズ 松若騎手
前々走「東京大賞典」は勝ち馬オメガパヒュームと0,2秒差、前走は不良馬場のOP戦を圧勝してきています。4歳馬で今が伸び盛りな感じがしますし、順調にいけば12月の「チャンピオンズカップ」が楽しみになってきそうな馬ですし、馬場も味方しそうです。テン乗り松若騎手が巧く捌いてくれれば重賞初勝利まであると思います。

△③レピアーウィット 石橋騎手
前走「マーチステークス」で重賞初勝利。一番人気に押されていますが、ムラのある戦績で、順番的には飛ぶ番ですねw 阪神未経験なことと斤量が増えることも不安ではあります(特に前者)。

×⑤グリム 浜中騎手
一昨年の2着馬で、前走、1400mの「黒船賞」4着と長期休み明けを叩いての参戦です。距離的にはこちらの方が合っているでしょうし、実績・能力的には勝ち負けの馬です。どこまで上積みがあるか、馬場が回復するかが好走するか否かのポイントでしょう。

☆⑬レーヌブランシュ 団野騎手
紅一点ですw 最近ではモリーコウが牡馬に混じって善戦していますし(今回も除外になっていなかったら押さえていたと思います)、二匹目のドジョウならぬ牝馬狙いですw

三連複⑧ー⑦④③⑤⑬の10点です。

今週のメイン「皐月賞」が点数増えそうなので、ここは抑えめにしてみました。

皐月賞】日曜中山11R 芝右2000m

◎⑧ダノンザキッド 川田騎手
エフフォーリアと迷った結果、今回はこちらを軸にしました。理由はシンプルに中山2000での実績があることです。前哨戦の「弥生賞」は、エンジンの掛かりが遅く3着と初黒星を喫しましたが、絶好調の川田騎手ならその敗戦を踏まえて乗ってくれることでしょう。

〇⑦エフフォーリア 横山武騎手
無傷の3連勝で「共同通信杯」を勝利、スローペースを若干掛かり気味に先行して、ヴィクティファルスステラヴェローチェなどを下しての完勝でした。レース後に「ダービー」はこの馬からいこうかな、と考えたものですが、中山はどうなんでしょう? あと馬場が思ったほど回復しなかったら……。それらが不安だったので今回は軸にするのを躊躇しました。

▲⑮ラティアス デムーロ騎手
レシステンシアの半弟で2戦2勝馬です。前走同舞台の「京成杯」は、スローペースを我慢しながら先行し、コーナーで器用に内を突くと、直線あっさりと鮮やかに突き抜けました。キャリアの浅さと時計的裏付けのなさは不安ですが(後者は馬場を考えればあまり気にしなくてもいいかもですが)、中山を得意としているデムーロ騎手の奮起込みで期待します。

△⑨ラーゴム 北村友騎手
前走「きさらぎ賞」は先行すると、ヨーホーレイクの猛追をクビ差凌いで勝利。回避しなければルメール騎手騎乗で人気もしていたであろうオーソクレースワンダフルタウンと僅差の競馬をしてきていますし、4戦とも先行して全て連対する安定感もあります。血統的に馬場が渋っても問題なさそうですし、未経験のコースですが、器用さもありますし、こちらもおそらくこなせるのではないかと思います。と書いていて「あれ? この馬、軸で良くね?」と一瞬思ってしまいましたが、クラシックを勝ち切るほどの迫力は感じないんですよね~(三連複の軸なんで勝たなくても別に問題ないんですがw)

×⑤ヴィクティファルス 池添騎手
前々走キャリア2戦目の「共同通信杯」はエフフォーリアと0,4秒差の2着、前走は重馬場の「スプリングステークス」を差し切り勝ち。これが中々に迫力のある勝ち方で一発あるならこの馬かな、と思っています。池添謙一騎手・調教師の兄弟でのクラシック制覇とか素敵やんw

☆⑭アサマノイタズラ 嶋田騎手
前走「スプリングステークス」は外めから早めに動いて(勝ちにいって)の惜しい2着。G1どころか重賞すら未勝利で通算100勝にも満たない嶋田騎手(失礼な書き方で申し訳ない!)がデビュー戦から手綱を取り、積極的な競馬で皐月賞の出走権利をもぎ取りました。そして乗り変わることなく師匠の馬でクラシック挑戦、こんなん応援したくなりますやん! 騎手を変えなかった陣営の心意気だけで白飯が茶碗に半分食べられます(少食)

☆①アドマイヤハダル ルメール騎手
前走「若葉ステークス」は余裕の圧勝。能力はかなり高そうではありますが、中山未経験と馬場が回復しなかったときのことを考えると楽しみよりは不安の方が大きいですかね。

☆⑥ヨーホーレイク 岩田望騎手
同舞台「ホープフルステークス」の3着馬です。重くなって時計が掛かる馬場は合っていると思います(雨が上がっているとはいえ、さすがに良馬場まで回復はしないでしょう)。「G1の雰囲気に慣れてきた」という岩田望騎手のコメントをどこかで見かけましたので、だったらそろそろそれなりの結果を出してもらおうか!! と押さえておきますw さん、早く帰ってきて~w

☆⑬タイトルホルダー 田辺騎手
前走「弥生賞」は、負け続けていたダノンザキッドに雪辱を果たしまんまと逃げ切りました。ただ今回は他にも前に行きたそうな馬もいますし、同じような競馬にはならないんじゃないでしょうか。加えて、田辺騎手との馬券の相性が最悪なので切ろうかどうかまで悩みましたが、買って外すより切って馬券圏内に粘られる方が悔しいな、と結局押さえておくことにしましたw

三連複⑧ー⑦⑮⑨⑤⑭①⑥⑬の28点です。

やはり点数が多くなってしまいましたw ③ステラヴェローチェ、⑪ディープモンスター、⑯レッドベルオーブなどを切ってこれですから、正に大混戦ですねw 

応援馬券

新潟12R【角田浜特別】 ④シンシティ 田中健騎手
前走0,2秒差負けた相手が人気になっているので、メンバー的には問題ないでしょう。溜めても切れるタイプではないということはもう分かっているので、スタートからスピードを活かした競馬を期待します。単複厚めで。