僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

「阪急杯」「中山記念」予想

阪急杯】日曜阪神11R 芝右1400m

◎⑩インディチャンプ
前走「阪神カップ」は新馬戦以来の1400m戦が影響したのか位置取りがいつもより後方になり敗れました。それでも上がり最速の脚を使って3着までは差して来ていますし、2戦続けての同距離なのでそのあたりは福永騎手が考えて巧く乗ってくれることでしょうw 前哨戦なので追い切りが物足りなくは感じますが、実績&安定感はNo.1ですし、軸にします。

〇②ダノンファンタジー
マイル以上のレースでイマイチ結果が出ていなかったですが、前走藤岡佑介騎手に乗り替わり「阪神カップ」を快勝し、1400mの重賞2勝目を上げました。先行するこの馬にとっては、内枠有利のこのコースで1枠に入ったことも好材料すし、好勝負必至でしょう。今回、主戦の川田騎手に手綱が戻りますが、意地をみせたいんじゃないでしょうかw

▲⑧レシステンシア
前走「マイルチャンピオンシップ」は骨折明けで8着に敗れましたが、調教は相変わらず動いているようなので、デビューから連勝した1400m戦への距離短縮で復活に期待です。他に1頭速い馬がいますが、ハナを主張するのか、それとも控えるのか、そこがこの馬だけでなく、レース全体で一つの鍵になりそうです。

△⑰ベストアクター
前年の勝者で、そこから一年振りのレースになります。「秋から調子が戻り始め、じっくり調整してきた」とのことですが、どこまで調子が戻っているかが一番のポイントでしょう。大外枠に入ったことも気にはなりますが、能力的には勝負になると思います。

×⑦クリノガウディー
前走「シルクロードステークス」は前に行って大敗しましたが、2走前「阪神カップ」3走前「スプリンターズステークス」は中団からの競馬で共に5着に入っています。土曜のレースを観る限り、差しが決まる馬場になってきているようですし、後ろから行くなら巻き返しのチャンスはあると思います。

☆⑬ジャンダルム
ここ2走、1400m戦で安定した走りを見せています。前走「阪神カップ」は7着ですが、5着クリノガウディーとはタイム差なし、3着のインディチャンプとは0,1秒差ですし、調教もいいようなので馬券圏内の可能性はあるんじゃないでしょうか。

☆⑭トライン
初の1400m戦、阪神での実績なしと不安材料は多いですが、前走「東京新聞杯」で珍しく先行して掲示板を確保したことで、なにかしら新たな変化が起こっていることに淡い期待をしますw

人気通りに決まるとガミりますが、そこは仕方ありません。

三連複⑩ー②⑧⑰⑦⑭⑬の15点です。

 

中山記念】日曜中山11R 芝右1800m

◎⑧ヒシイグアス
前走「中山金杯」で重賞初制覇。中山実績もありますし、3連勝の勢いもあり、更にここ最近の安定感まで考えると人気をしていても軸にせざるを得ません。ただ、今の高速馬場に対応できるのかどうかという不安はあります。

〇⑪クラージュゲリエ
ここ2走は中団前めに付ける戦法で2着、3着と安定してきていますし、戦績を見る限り相手なりに走るタイプの馬みたいですね。加えてテン乗りとは言えルメール騎手ですし、ある程度ポジションを取りに行ってくれるでしょうし、大崩れはしないんじゃないでしょうか。中山は「皐月賞」の5着があるだけですが、問題ないとみました。

▲①トーセンスーリヤ
中山巧者です。8回走って掲示板をハズしたのが1度だけという安定感を買いました。更に1800mも得意ときています。G2、G1では力不足感が否めませんが、このメンツであれば能力的にも通用すると思います。調教はいいみたいですが、約半年ぶりのレースというところがやはり気掛かりではあります。

△⑦バビット
メンバー的にハナには立てそうです。「菊花賞」「有馬記念」と大敗が続いていますが、ここなら能力的には通用するはずですし、中山も1800mも問題ありません。あとは高速馬場がどうかですが、こなせればあっさり逃げ切ってもおかしくないんじゃないでしょうか。

△④ケイデンスコール
前走「京都金杯」で二年半振りの勝利。中山は初ですが、それよりも問題は距離延長をこなせるかどうかですかね。岩田騎手がインベタで回ってきてくれれば調子の良さでなんとかなるかどうか、といった感じでしょうか。

☆⑨サンアップルト
こちらはケイデンスコールとは逆に距離が足りない可能性があります。そこをこなせれば、上位進出も十分に可能だと思います。不良馬場だった前走「AJCC」は大きく崩れましたが、中山は問題ありません。

☆⑬ウインイクシード
前走「中山金杯」3着になるなど、中山は得意です。リステッドとG3を中心にそれなりに走ってきている馬ですが、G2といえどこのメンバーなら、今回もそれなりに走ってくれるでしょう。

阪急杯」と同じくガミる可能性がありますが、そこは気にせず

三連複⑧ー⑪①⑦④⑨⑬の15点です。