僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【京都記念】【共同通信杯】結果

京都記念阪神11R 右2200m

◎⑦ワグネリアン 5着
スタートで躓くもさほど影響なく。道中は後方外めを追走し、コーナーで鞭が入るも反応はイマイチで、最後まで思ったほどは伸びませんでした。普通の馬なら、長期休み明け&馬場を考慮すれば、後ろからいっての5着なら悪くないんでしょうけど、なんといてもダービー馬ですからね~。ここを使ったことで状態が上向いてきてくれればいいんですが。次走は予定通り「大阪杯」のようです。

〇④ラヴズオンリーユー 1着
好位からの競馬で上がり最速、復活のV。加速するまでまだ若干もたついている感じはありましたが、それでこの勝ち方ができるなら、次走のドバイでも非常に楽しみです。

△②ステイフーリッシュ 2着
スタート決めると、気合いを付けて番手確保。逃げ馬が早めに垂れて先頭で直線へ。勝ち馬に交わされても走るのをやめることなく粘り2着と、しっかり力を出し切ったと思います。良い競馬でした。

△⑧モズベッロ 8着
スタート良くなく後方からになり見せ場なく。今の馬場であの位置からではどうしようもないと思われます。

×⑤ダンスディライト 6着
勝ち馬の後ろでの競馬。持ち時計はかなり詰めましたし、重賞初挑戦で頑張ったとは思いますが、まだ若干の力不足感は否めません。ここを経験して更なる成長に期待です。

☆⑩ジナンボー 4着
スタートは良くなかったものの、インに入ると道中一気に位置を押し上げる。最後まででこの馬なりの脚を使っていると思いますし、健闘したんじゃないでしょうか。

 

軸が来ず、ハズレです。

 

共同通信杯】東京11R 左1800m

◎③ステラヴェローチェ 5着
スタートを決め、5,6番手追走から直線へ。進路取りに若干苦労しながらジリジリとは脚を使ったものの5着に敗れました。願っていた通り、横山典騎手は奇抜な戦法をとらずに普通に乗ってくれたのですが、スローペースでのキレ負けをした形になりました。

〇⑦エフフォーリア 1着
スローの中、折り合いを付けながら先行し、直線で早めに抜け出すと後続を突き放し完勝。一躍、クラシック路線主役の1頭に躍り出ました。タイムこそ遅いですが、先行勢が総崩れしている中で1頭だけ突き抜ける強い内容だったと思います。こんな馬でクラシックに向かえるとなったら、そりゃ派手なガッツポーズも出ますよねw

▲④プラチナトレジャー 7着
五分のスタートから下げて後方へ。懸念していたとおり、道中は掛かり気味でしが、直線では詰まりながらも、この馬なりに伸びています。ペースが流れると判断して下げたのでしょうけど結果的に、展開が向かなかった感じです。

△⑪シャフリヤール 3着
まずまずのスタートから中団待機。外を回って直線に入ると、しっかり脚を伸ばすも3着まで。2戦目での初重賞と考えれば悪くない結果だとは思いますが、クラシックを考えると、賞金面で2着とのアタマ差が響いてきそうです。

×⑧レフトゥバーズ 9着
煽り気味にスタートしてしまい後方から。展開が向かなかったこともあり、デビュー戦のような末脚は使えず「クイーンカップ」の抽選漏れが悔やまれる結果に。キャリアも浅いですし、牝馬限定戦での巻き返しに期待です。

☆②キングストンボーイ 4着
スタート一息で後方から。直線で枠なりに内を突き追い上げるも4着止まり。スタートが悪かったことが響きましたが、上がり最速の良い脚を使っていますし、能力はありそうです。

☆①ディオスバリエンテ 11着
好スタートから手綱を引いて5,6番手へ。終始掛かり気味で直線に入り、伸びず。デビュー戦を観ても能力は高いでしょうから、やはり鍵は気性面でしょう。

 

京都記念」と同じくこちらも軸が5着でハズレです。

 

そして問題の、

【こぶし賞】阪神9R 右1600m

◎②ヤマニンルリュール 6着

ポンと出て 馬群で掛かって 前が壁

負けるなら、デビュー戦同様スタートで後手を踏み、外を回して突っ込んでくるも開幕週の前残り馬場で先行馬を捉えきれず、というパターンだろうなあ、と思っていましたが、いや~、まさかシンプルに惨敗するとは……。
久々にものすごくへこんでおりますw 

まずスタート。馬群に包まれることになりましたし、結果的にしっかり決まったことがその後、全て悪い方に出てしまったように思います。
次に道中。掛かってましたし、おそらく馬群の中で走るのが相当なストレスだったんでしょう。ポジションを徐々に下げていきましたが、中途半端な位置取りになってしまいった印象です。
そしてラスト。コーナーから詰まってましたね。ただ、脚が残っていて、ちょっとした器用ささえあれば直線で抜け出せていた状況だと思いますし、現に前が開いてからもそれほど伸びていないので、コレに関してはしょうがないですね。
結論。間違いなく器用に立ち回れるタイプではないですし、気性的にも馬群に入れたらダメ! ということでしょうか今日の経験で成長してくれればいいのですが。あと現状、マイルはちょっと長いのかもしれません。

さてさて、次走どうするんでしょうか。諦めず「桜花賞」を目標にトライアルを使うのか(だとしたら、さんはもうメイケイエールで確定でしょうし、本番でも乗れる騎手で挑んで欲しいです)、自己条件からコツコツ頑張るのか、個人的にはデビュー戦と同じ舞台の「ファルコンステークス」に出てくれないかな、と思ったりするんですが――。いずれにせよ、もちろん最後まで追いかけ続けますけどね!

他の応援馬券もハズレて、日曜はボウズでございました。結構な額を献上してしまいましたが、そんなことよりもヤマニンルリュールの惨敗のショックの方がはるかに大きいですw はーあ。