僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【フェアリーステークス】結果

フェアリーステークス】中山11R 芝右1600m

◎⑧テンハッピーローズ 4着
スタート決めて好位からの競馬。若干掛かり気味だったことや、途中クールキャットが捲ってきたことでペースが予想外に上がったこと、外を回って早めに動いた分で終いが甘くなってしまった感じなんだと思いますが、それでも3着には残してほしい内容でした。

〇⑤クールキャット 10着
この馬を買っていた方はもちろん買っていない方も、レース中になにかしらの声を上げたのではないでしょうかw スタート悪く後ろからになるも、道中外から捲るように上がってハナに立ちました。これで結果が出ていたら賞賛されたのでしょうけど、案の定というかそりゃそうだろうという感じで大敗しました。「ペースが遅かったので思い切って早めに動いた」との津村騎手のコメントですが、アレで勝っていたらどえらい強さだと思います。それだけこの馬の能力を高く評価しているということなんでしょうかねw

▲⑪オプティミスモ 12着
まずまずのスタートを切って好位をキープも、直線で内を突き伸びかかったところで前が詰まりました。おそらく、ちょうどアクセル全開になりかかった一番詰まったらダメなタイミングで詰まったんじゃないでしょうか。

△⑥ネクストストーリー 5着
抜群のスタートから控えての競馬。外から来た二頭に先を行かせたのは英断だったと思うのですが、その後のクールキャットの捲りは予想外だったことでしょうw アレで外に出すこともできなくなり、伸びない内に突っ込まざるを得なくなったような気がします杉原騎手が直線で外に出そうと考えていたかどうかは知りませんが少なくとも選択肢はなくなりました)。それでも最後まで頑張って走っていました。

☆⑨ファインルージュ 1着
いや、君そこまで強いんかい! というのが率直な感想です。中団後方から外めを通ってジワジワ上がっていき、直線突き抜けました。荒れた展開に惑わされず冷静に仕事をしたルメール騎手もさすがです。さすがにこのレースだけで「桜花賞」の有力候補とまでは言えないですが、今後が楽しみになりました。

☆⑩シャドウファックス 9着
まずまずのスタートから掛かり気味に二番手へ。直線、クールキャットを首差捉えてゴールw 今日のレース展開では前に行った時点で厳しかったですね。

ホウオウイクセル 2着
スタートまずまずで後方から。外をクールキャットが上がっていった時も我慢し、勝ち馬の後ろをついていく形で枠的に大外を回らされた分、着差こそ開いてしまいましたが、いい競馬だったと思います。

気になっていた①ベッラノーヴァにやられて馬券はハズレです。

すばるステークス」もハズレて、今年に入ってまだ応援馬券しか当たっていませんw

これはマズイ!

次週こそはなんとかしたいものです。