僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【東京スポーツ杯2歳ステークス】結果

阪神最終レース、3着が3頭同着という珍しい結果で三日間開催が終了しました。
3着が3頭同着になるというのは8年ぶりのことらしいですが、ふと8年前の僕は一体何をしていただろうと思い返してみたところ

特に今と変わってません

でしたw
若駒たちはレースを使う度にどんどん成長するのに、僕は全然成長してねえなあ……。 
まあ、とっくの昔に若駒じゃなくなってますし、仕方ないですけどね。


東京スポーツ杯2歳ステークス】東京11R 芝1800m

◎⑩ジュンブルースカイ 3着
道中中団で良い感じに進めていたように映りましたが、マイナス10kgの馬体減が影響したのか、終い思ったほどは弾けず。それでもなんとか3着は確保。今後も安定して走りそうな感じの馬です。

〇③ダノンザキッド 1着
休み明けプラス24kgに発汗目立つも関係なく快勝。レース前は入れ込んでいたようですが、スタートして一瞬行きたがったものの、川田騎手が手綱を引くと三番手でしっかりと折り合い、最後もきっちり伸びました。強かったです。気性面は成長してほしいところですが、距離が伸びても問題なさそうですし、来年のクラシック候補の1頭でしょう。

▲④レインフロムヘヴン 8着
掛かってハナへ。ペースは決して速くなかったにも関わらず、一切抵抗できずズルズルと後退。ブリンカーが効き過ぎたとのことですが、2歳馬の教育上よろしくない競馬だったことは事実ですし、多かれ少なかれ今後に響いてくるんじゃないでしょうか。しかし、アレだけ掛かってしまってはどうしようもないことは承知の上ですが、デムーロ騎手は中々スランプを抜け出せないですねえ。

△①ドゥラヴェル 6着
立ち上がりながらのスタート。終始馬場が荒れ気味の内側の好位を回ってきて、結果伸びず。ただ、外に出していたらなんとかなっていたかと問われるとそれも疑問ですし、うーん、新馬戦のレベル的にも、現状力が足りなかったと考えるのが妥当ですかね

☆②タイトルホルダー 2着
好スタートを切り押し出されるようにハナへ。が、途中から掛かってしまったレインフロムヘヴンに手綱を押さえながらハナを譲って番手での競馬に。それが功を奏したんでしょうかね。最後までしっかり伸びました。今回は勝ち馬が一枚上手でしたが、この馬もかなりの能力がありそうです。

×⑦ヴェローチェオロ 5着
スターで後手を踏み道中後方にいたものの、途中で外を捲るように上がっていくと最後までしぶとく脚を使い、掲示板に載りました。


f:id:oneet:20201123160415p:plain

ガミることなく的中し、土曜日のシンシティ応援馬券と「マイルチャンピオンシップ」のガミ分は取り戻しましたが、僕にしてはそこそこ大きな額を張ったスズカコーズライン応援馬券全額までは返ってこず、今週はちょいマイナスでの終了となりました。

さていよいよ来週――というかもう今週ですね(ここで週の初めは日曜なのか月曜なのか問題が浮上するわけですが、僕は後者派ですw)、日曜日には、アーモンドアイコントレイルデアリングアタクト三冠馬三頭が激突する世紀の一戦「ジャパンカップ」が控えております。
現時点での僕の本命はズバリ――

ヨシオです!

あ、冗談ですw