僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【今週の気になる馬】よりもアーモンドアイのJC参戦の方がよっぽど気になる!

えらいこっちゃ、えらいこっちゃ!
遂にプレイステーション5が発売されましたね! いや~、PS5ですよ、僕は買えませんでしたが、皆さんはどうですか――いや、違う違う、そんなことはどうでもいい(いや欲しいけどw)

まさかまさかの

アーモンドアイの「ジャパンカップ」出走

が発表されましたね! これはもはや事件です、えらいこっちゃ!
てっきりこのまま引退するもんだと個人的に思っておりました故、驚きまくっております。

これで無敗牡馬三冠コントレイル、無敗牝馬三冠デアリングタクトと芝G1最多勝三冠馬あ、G1・8勝ばかり取り上げられるのでともすれば忘れがちですが、アーモンドアイ三冠馬です。念のためw)が揃い踏みです! 

三冠馬が三頭ですよ! 

エグッ! 三冠馬三頭の対決はもちろん史上初ですし、おそらく僕が生きている間はもう観られない対決でしょう。
先に出走が決まっていた3歳三冠馬二頭だけでも、寿司と焼肉を一緒に食べるみたいな豪華さだったのに、そこにさらにフランス料理のフルコースまで加わったような感じでもう目が眩んでしまいます(う~ん、この表現、我ながら発想の貧困さにはほとほと嫌気が差しますw)。
くう~、楽しみすぎる! 11月29日は何が何でも予定を空けておかねば!!!

 

【今週の気になる馬】

1頭目

日曜阪神11R G1「エリザベス女王杯」芝2200m
ラヴズオンリーユー 

 父:ディープインパクト
 母:ラヴズオンリーミー
 母父:ストームキャット
 鞍上:ミルコ・デムーロ騎手

前走「府中牝馬ステークス」で軸の1頭にしたこの馬を今週は挙げさせていただきます。このレースの回顧を見直してみましたところ、「道悪がダメ」「直線半ばではシンガリまで沈むと思いきや、最後盛り返している」と書いていました。今のところ雨の心配はなさそうですし、ええ、過去の自分の言葉を信じてみようではないですかw
応援している幹夫先生のとこのラッキーライラックちゃんともども買い目に入れようと思っております。あ、あと「秋華賞」で鋭い末脚を魅せてあっと言わせたソフトフルートも気になりますね(もはや気になる馬というより、「エリザベス女王杯」の話になってますw)。

2頭目

日曜阪神10R 「オータムリーフステークス」ダート1400m
タマモカトレア
 父:ヘニーヒューズ
 母:チャームナデシコ
 母父:ワイルドラッシュ
 鞍上:藤懸貴志騎手
木原厩舎と藤懸騎手といえば一月中旬の「日経新春杯」で非常にお世話になった組み合わせです。エーティーラッセンを軸にした三連複は、今年一番の改心の馬券でしたw 半分応援馬券(半分はメンバー・展開諸々含めて逃げ粘れると信じての馬券)とはいえ、11番人気を軸にした馬券を買うことなんか滅多にないので、ゴール前、人馬共にバッタバタになりながらハナ差残してくれた恩はまだ忘れていません。
お母さんチャームナデシコも当馬と同じくダートでしぶとく活躍した馬で、確か武豊騎手の進言で出走した(記憶違いだったらごめんなさいw)TCK女王盃」は全力で応援した記憶が残っており、思い出深い馬でもあります。
約半年ぶりの競馬ですが、前が崩れる展開になってくれれば一発なくはないんじゃないかと淡い期待を抱いております。

3頭目
日曜福島11R G3「福島記念」芝2000m
アドマイヤジャスタ
 父:ジャスタウェイ
 母:アドマイヤテレサ
 母父:エリシオ
 鞍上:富田暁騎手
函館記念」で大穴をあけた当馬ですが、ごめんなさい、なんの思い入れもございません。鞍上が富田騎手というだけです。ええ、非常にシンプルなただの応援です。以上w

いやはや、いつにも増して内容の薄い文章になってしまいましたが、アーモンドアイのことで浮かれまくっているので、今回ばかりは仕方ありません。どうかお許しをw