僕、一応仕事はしてるのよ。

暇を持て余している『僕』が、『競馬』や『ゲーム(現在「FIFA21」のFUT奮闘中)』『パチスロ』などの趣味三昧な日々について記していきます。

【テレビ東京杯青葉賞】予想

青葉賞】土曜東京11R 芝左2400m

◎②ワンダフルタウン 和田竜騎手
皐月賞馬エフフォーリアに対抗できる可能性が残されている数少ない馬の一頭だと思っておりますので、当然軸です。休み明けで動きが良くなさそうなのが超不安ですがw

〇⑮リーブルミノル 三浦騎手
2400mでの勝ち鞍があり、左回りの経験もあります。

▲③ノースブリッジ 横山和騎手
2戦2勝馬。気性面、距離延長、逃げたことしかない、と不安は多いですが、圧勝した前走を観るとそれらを期待感が上回ります。

△⑥アオイショー 大野騎手
初の左回り&距離延長が不安ではありますが、ノースブリッジ同様、前走が強かったんですよね~。

×⑦レッドヴェロシティ デムーロ騎手
前走のように前めに付けられたら、好勝負になりそうです。あと、デムーロ騎手、お子さんが生まれたようで、おめでとうございますw

☆⑩キングストンボーイ ルメール騎手
2400m持つのでしょうかw

 

三連複②ー⑮③⑥⑦⑩の10点です。

 

応援馬券

阪神11R「天王山ステークス」⑭スズカコーズライン 酒井騎手
すんなりハナ切れないかなあ……。多分、切れないですよね~w 休み明けな上に、斤量も一番背負わされてますし……単複厚めでw

 

ちょっと時間がなくて、適当感がハンパないですw でも当たってほしいw

 

【読売マイラーズカップ】【サンケイスポーツ賞フローラステークス】結果

マイラーズカップ】日曜阪神11R 芝右1600m

◎⑤ケイデンスコール 古川吉騎手 1着
中団追走から直線で馬場の真ん中に出すときっちりと差し切りました。やはり今が充実期のようですね。古川騎手、急遽の代打騎乗に一発解答お見事でした。まあ、直線で若干フラついてはいましたがw

〇⑥アルジャンナ 福永騎手 2着
中団で溜めて上がり最速で伸びましたが、2着まで。直線で若干進路取りに苦労したものの、これでこのレベルだったら十分やれるということはわかりました。次走「エプソムカップ」は更に人気になりそうです。

▲⑩エアロロノア 池添騎手 5着
中団後方から外を回って伸びましたが掲示板まで。一番人気は裏切る形となりましたが、ただ2,3,4着とはタイム差なしなので、重賞初挑戦としては立派だと思います。

△⑦ボンセルヴィーソ 松若騎手 12着
前が飛ばす中での3番手。そりゃ、あのペースに付き合ったらさすがに垂れますよね。

×⑫ラセット 秋山騎手 11着
上がり最速の末脚に期待しましたが不発に終わりました。「ハミを噛まず、行きっぷりがよくなかった」との秋山騎手のコメントです。

☆⑬ワールドウインズ 藤岡康騎手 9着
後方から脚を伸ばしましたが。ペースが速い中、この馬なりには走っているんでしょうね。

三連複⑤ー⑥⑩⑦⑫⑬の10点。

エアスピネルと⑯ギベオンを買わなかったことと、1,2着までは正解でしたが、④カイザーミノルは盲点でしたw ハズレです。

フローラステークス】日曜東京11R 芝左2000m

◎①ウインアグライア 和田竜騎手 5着
6番手あたりを追走し、直線で何度か切り返しながらじりじりと脚を伸ばし掲示板。キレッキレの脚を使えるタイプではないので、もう一段前で競馬をして欲しかったところですが、決して悪い競馬ではなかったと思います。

〇③ユーバーレーベン デムーロ騎手 3着
中団後方から33,2秒の上がり最速で伸びましたが、またもや3着まで。ブロンズコレクターっぷりを遺憾なく発揮しましたが、本番でもそのあたりには来そうなきがしないでもないですねw 

▲⑮クールキャット ルメール騎手 1着
ルメール騎手に手綱が戻ってあっさりまであるんじゃないか、と思っていましたが、その通りでしたw 好位追走からの抜けだし、お手本のような競馬でしたね。この競馬ができるなら本番も楽しみですが、乗り替わりの騎手がそれをできるのかどうか。誰が乗るかにも注目です。

△⑧オヌール 川田騎手 8着
中団を追走しましたが、伸びず。道中の雰囲気もあまりよくは映りませんでした。初輸送の影響もあったんでしょうか、小さい馬体がマイナス8kgと更に小さくなっていましたしね。

×⑯アンフィニドール 川島騎手 13着
まさかの逃げ。ペース的には悪くなさそうでしたが、にしても予想外すぎましたw

☆⑦メイサウザンアワー 石橋騎手 4着
勝ち馬のインコース4番手の好位から、内の狭いところ突きましたが、2着に入った馬に前をカットされたりスムーズではなく、本番の出走権利確保はならず。残念ではありますが、能力があるところは十分証明できたと思います。

☆⑨パープルレディー 田辺騎手 6着
中団後方追走。直線で外から脚を伸ばしてはいますが、あの位置から競馬をするにはワンパンチ足らず。終始外を回らされたのも痛かったですね。

三連複①ー③⑮⑧⑨⑯⑦の15点。

 思い切った末の軸が5着ですからそりゃハズレなんですが、迷っていた2頭、③ユーバーレーベン、⑮クールキャットから買っていても、2着に粘った⑫スライリーは押さえられるわけもなくw

 

応援馬券

阪神4R ④カフジアマリージャ 古川吉騎手 11着
好スタートから好位に控えましたが、伸びる事はなく……。うーん。

 

てなわけで、今週は全滅でゴザイマス。

 

香港では「クイーンエリザベス2世カップ」で1~4着を日本馬が独占。ラヴズオンリーユーが勝利し、注目していたデアリングタクトは3着でした。ここの出走馬が無事に帰国して「宝塚記念」に出てくるとすごいメンツになりそうですね、楽しみです。

【読売マイラーズカップ】【サンケイスポーツ賞フローラステークス】予想

マイラーズカップ】日曜阪神11R 芝右1600m

◎⑤ケイデンスコール 古川吉騎手
前走「中山記念」は不安だった距離延長をこなしての2着、これで完全に復調したと見ました。阪神での実績はありませんが、右回りは前走でこなしましたし、今の充実具合なら大丈夫でしょう(根拠が薄いw)藤懸騎手への幅寄せ&暴言で岩田騎手が騎乗に停止になり、古川騎手へ乗り替わりというアクシデントがあり一瞬迷いましたが軸でいきます。

〇⑥アルジャンナ 福永騎手
前走「洛陽ステークス」5着。「ダービー」以来の長期休み明け&初の古馬戦&初のマイルと中々厳しい条件の割には頑張ったでしょう。2走目の上積みに大いに期待します。

▲⑩エアロロノア 池添騎手
3連勝でOP入りし、重賞初挑戦です。勢いは十分ですし、一気の重賞初勝利になっても不思議はないと思いますが、まさかの一番人気ですし、さすがに軸にはできませんでした。

△⑦ボンセルヴィーソ 松若騎手
それなりに結果を出してもなぜか人気にならないこの馬、今回も人気はあまりないですねw 阪神マイルの実績は2016年「朝日杯」3着くらいしかないですが、このメンツでこのくらいの人気なら押さえておいても損はないんじゃないでしょうか。逃げ馬たちを上手に見ながらの競馬を期待します。

×⑫ラセット 秋山騎手
前走「六甲ステークス」は上がり最速で追い込んでの2着。阪神マイルは得意ですし、おそらく今回も上がり最速はこの馬でしょうw 土曜日のレースを観る限りではあまり後ろからの馬が来ていない状況ではありますが、逃げ馬が何頭かいる中でどこまで突っ込んでこれるか注目です。

☆⑬ワールドウインズ 藤岡康騎手
前走「六甲ステークス」は久々のマイルで8着と人気を裏切りました。やはりちょっと短いんでしょうけど、なんとなく気になるんですよね~。ええ、全く当たらない勘ですw

三連複⑤ー⑥⑩⑦⑫⑬の10点です。

ダートから芝に戻ってきた②エアスピネルと前走逃げてデアリングタクトをクビ差凌いだ⑯ギベオンは僕には買えませんでした。

フローラステークス】日曜東京11R 芝左2000m

◎①ウインアグライア 和田竜騎手
軸をユーバーレーベンクールキャットかの二頭でしばし迷っていましたが、一転思いきってみました。「アルテミスステークス」で軸にしてハズした分をここで返してもらう所存ですw 楽に先行できそうですし、経済コースでの粘り込みに期待します。昼からの一雨は歓迎でしょう。和田さんなんとか3着までに残して下さい!

〇③ユーバーレーベン デムーロ騎手
阪神ジュベナイルフィリーズ」「フラワーカップ」共に3着と、ここでは実績が一枚上手です。超キレッキレとまではいきませんが最後は確実に良い脚で伸びてきますし、無難にこの馬からいけば良かったかな、と思わないでもないですが、もう後の祭りですw

▲⑮クールキャット ルメール騎手
前走「フラワーカップ」は中団後方で我慢して終い上がり最速と良い脚を使いました。距離延長ですが、一にも二にも問題は折り合いでしょう。デビュー戦以来の手綱を取るルメール騎手が本領発揮したらあっさり重賞制覇まであるんじゃないかと思います。

△⑧オヌール 川田騎手
2戦2勝の良血馬ですね。初輸送に初左回りと不安がある中、本番の出走権を確保できるか注目です。ここを「オークス」の軸馬が決まるくらい楽に突破してくれると嬉しいんですけど、そんなに甘くはないでしょうね。あ、雨は降らないにこしたことはなさそうです。

×⑯アンフィニドール 川島騎手
一ヶ月前に未勝利を勝ち上がったばかりの1戦1勝馬です。直線で進路を確保してからの切れ味は中々のものでしたし、負かした馬たちも未勝利を勝ち上がってます。それに、なんだか評判がいいみたいですので、盲目的に押さえておきますw

☆⑦メイサウザンアワー 石橋騎手
前走「赤松賞」では「桜花賞」4着のアカイトリノムスメと0,2秒差の2着。そこから間隔が開いての重賞初挑戦です。距離延長は問題ないと思いますが、昼からの雨が馬場に影響しなかったときの時計勝負になるとどうなんでしょう。

☆⑨パープルレディー 田辺騎手
東京の眺めの所を2連勝しての重賞初挑戦です。この馬も時計勝負には疑問が残りますが、ディープ産駒なんで速くなったらなったである程度対応してきそうな気もします(超適当w)。あとは田辺騎手との個人的な相性ですねw

三連複①ー③⑮⑧⑨⑯⑦の15点です。

 

応援馬券

阪神4R ④カフジアマリージャ 古川吉騎手
牝馬限定のここなら好勝負になるとみました。休み明けを一度使った上積みにも期待です。古川騎手、メインレースと同じコースのここで弾みを付けて欲しいです。単複。

【福島牝馬ステークス】結果

福島牝馬ステークス】土曜新潟11R 芝左1800m

◎⑯パラスアテナ 坂井騎手 11着
後方待機から道中の雰囲気は悪くないように映りましたが、直線伸びず。自己条件からやり直しですね。

〇⑦ミスニューヨーク 加藤騎手 9着
下げて後方から。直線で進路を確保出来ず、内へ外へとフラフラと……。非常にもったいない競馬でした。加藤騎手の重賞初勝利という僕の全く当たらない勘はやはり当たりませんでしたw

▲⑬ドナアトラエンテ 川田騎手 2着
5,6番手あたりを手応え良く追走。直線半ばまで追い出しを待ちましたが、それが徒となったか惜しくもハナ差届かず。いや~、重賞初勝利を逃したこのハナ差は大きいですね。

△⑧シゲルピンクダイヤ 和田竜騎手 7着
中団から直線でもしぶとく伸びてはいますし、勝ち馬とのタイム差も0,2秒差と頑張っているんですがね……いや、これはこの馬にとっては不完全燃焼なんでしょうか? 難しい馬です。

×②ムジカ 秋山騎手 5着
終始インコースの好位を良い感じに回ってきて、直線でもこれは一発あるぞ、と思ッタ矢先に詰まりましたw もったいねえ!!! 外に切り替えてまた盛り返しているだけに尚更です。

三連複⑯ー⑦⑬⑧②の6点です。

ロザムールを切ったのは正解でしたが、勝ったのがもう1頭の逃げ馬⑪ディアンドルでした。まあ、軸が飛んでいるので馬券的には関係ありませんがw

 

そして結局、馬券は買わず応援だけした二頭は

阪神7R⑥ハイオソラール 酒井騎手 5着

・東京11R「オアシスステークス」⑪モリーコウ 古川騎手 4着

という結果に。買っときゃ良かった、と思わせて欲しかったですけどね~。

 

【福島牝馬ステークス】予想

桜花賞」2着馬のサトノレイナスが「ダービー」に向かうことが発表されましたね。今のところ(というかほぼ間違いなく)皐月賞」馬エフフォーリアから買うことに変更はないですが、果敢な挑戦は楽しみではあります。ただそれに伴い大きな問題が一つ出浮上してきました……それは、「オークス」での鉄板級の軸馬がいなくなってしまったことです! クロフネ産駒のソダシを2400mで軸にする勇気はないですし、いやはや困りましたw

福島牝馬ステークス】土曜新潟11R 芝左1800m

◎⑯パラスアテナ 坂井騎手
昨年の「秋華賞」4着馬です。3勝クラスからの格上挑戦ですが、能力的にはここでも十分勝ち負けでしょう。外枠に入りましたが、データ的にも馬的にも問題ないでしょう。あとは「秋華賞」以来のコンビとなる坂井騎手の手綱さばき次第ですかねw

〇⑦ミスニューヨーク 加藤騎手
昨年の「秋華賞」4着パラスアテナと3馬身半差の5着馬です。コンビ継続の為にも結果を出したい加藤騎手の奮起に期待したいところですが、初の左回りが不安ではあります。あと、僕の全く当たらない勘が、「加藤騎手、重賞初勝利おめでとう!」と告げているのも非常に不安ですw

▲⑬ドナアトラエンテ 川田騎手
前走、初の重賞挑戦となった「中山牝馬ステークス」は人気を裏切りると同時に初の着外となってしまいました。ただ不良馬場でしたし、一旦(意味深)度外視しして良馬場(と言っても、だいぶ剥がれてるみたいですが)での巻き返しに期待です。あ、いや正直そこまで信用はしていませんがw

△⑧シゲルピンクダイヤ 和田竜騎手
1勝馬ですが「桜花賞」2着馬ですし、ここでは実績は上位です。ただ僕レベルでは、この馬の走り時が分かりませんw 

×②ムジカ 秋山騎手
1勝馬の格上挑戦ですね。ロザムールディアンドルが前でやり合ったところに一発ズドンに期待です。

三連複⑯ー⑦⑬⑧②の6点です。

そこまで興味をそそられるレースでもないのでできるだけ絞りたいなあ~、と斤量が増えることと、重賞2走連続好走でこれまでよりマークが厳しくなるだろうと思い、逃げ馬④ロザムールを切ったのが吉と出るか凶と出るか。どうでしょうw

 

あとは、馬券は買うかどうか迷っていますが、

阪神7R⑥ハイオソラール 酒井騎手

・東京11R「オアシスステークス」⑪モリーコウ 古川騎手

の応援はしよう思っていますw

最近の個人的なスロット事情

パチスロ規制緩和

がされるそうですね。

いい機会なので、最近は競馬の予想しかしていなかったこともありますし、たまにはスロットのことでも書いてみようかなと思いまして――。あ、特に役立つ情報などは皆無なので読む価値は全くありませんよw

さてさて規制緩和ですが、有利区間の上限が現状の1500Gから3000Gになるみたいですね。

……で?

規制緩和と聞いてちょっと期待しましたが、中身を知ったときの感想です。6号機の一番の欠点、一撃での「差玉上限2400枚」はこれまで通りとのことなので、打ち手にとってはさほど関係なさそうに思えますw ゲーム性に多少の幅を持たせられたり、天井からの上限取り切れずが解消される可能性はあるんでしょうけども……正直どうでもいいっすねw まあ、これをきっかけにして、徐々にでいいんで差玉上限の緩和もお願いしたいところです。難しいんでしょうけど。

 

規制緩和のガッカリ話はさておき、ここ2ヶ月ほどは、「食わず嫌いしてないで触ったことのない6号機を片っ端から打ち散らかしてやろうキャンペーン」を勝手に実施しておりまして、余程マイナーな機種以外、ホールに行けば普通にお目にかかれる機種は一通り打てたんではないかな、と思います(特に理由があるワケではありませんが、「吉宗3」だけはなぜだか未だに打ってませんが)。

しかしまあ、やはり面白いと思える台は多くはないですねえ。「Re:ゼロ」タイプの俗に言う「突破型」の台が主流になっていること自体はもう受け入れているつもりですけど、やっぱり「チャンスゾーン的なものや、ちょっとしたボーナスっぽいものを突破してATに入れることを有利にするための『なにかしら』」を集めながらゲーム数が過ぎるのをただただ待ち続ける通常時のストレスはヤバイものがあります。特に、ふと我に返って「僕は一体、なにをやっているんだろう」と、スロットを打つ手が止まる瞬間が地獄ですw

そんな「突破型」の中でもなぜだか(おそらくアニメのキャラがワチャワチャしている台じゃないからだと思いますが)バイオハザード7」はまだ打てるなあ、と思えましたし、中でも一番のお気に入りは「逆襲のシャア」ですw ええ、ええ、世間的な評価はお世辞にも高いとはいえない台ですし、高設定を望める状況でもありません。通常時に突破に有利になるアイテムを集める作業も他の多くの台と同じです。がしかし、なにがいいかってこの台、通常時を250G+α回せば必ず一度はチャンスゾーンに入るんですね。つまり、通常時にふと我に返る地獄の瞬間を味わう前にCZが来ちゃうんですねw 更に、そのCZを突破できれば、500枚ほどは確実に獲得できるところもいいじゃないですか。デキレースだ、なんだと言われていますが、この時勢にそんなことはどうでもいいんです(誤解を恐れずに言うならば突破型の台なんて、広い意味で言えばほとんどデキレみたいなもんでしょうw)

突破型でない台の中では、ダントツで「ひぐらしのなく頃に」が良い感じですね。いわゆる「設定1でも機械割100%越え」の台ですが、個人的に「ディスクアップ」よりビタ押しが簡単ですし(目押しの巧い方々がビタ押しをミスりまくってる動画を見かけましたが、他の台よりも早めに押さないとダメっぽいですね)、収支的にもブレにくいので、結局、圧倒的にこれを打っている時間が多くなっています。まあ、この台はこの台でストレスが溜まるんですがw

 

さて一週間程前のこと、どうしても「サバンナチャンス」を消化したくなり、5号機の「獣王 王者の覚醒」が設置されているホールを探して足を伸ばしました。

5万円が溶けました。

しかも、目的のサバチャンには一度も入りませんでした。それどころか、チャンスゾーンすら引けずじまい。1ミクロンも設定を望める状況ではなかった(過疎店のバラエティコーナー1台設置)ので負けは覚悟していたのですが……ねえ? 
時間を見つけては「ひぐらし」でコツコツやっていたことが三時間ほどで全て無駄になりました。

そしてつい先日も半日ほど「ひぐらし」を打ち、クソザコボケゴミナメクジボーナス――もとい富竹ボーナスの連打に苦しめられながら最終的になんとか200枚ほどのプラスで終了。ホールを出ると四月中旬とは思えない冷たい夜風が妙に身に沁みました。

【アンタレスステークス】【皐月賞】結果

アンタレスステークス】日曜阪神11R ダート右1800m

◎⑧ヒストリーメイカ 内田騎手 2着
スタートで躓き行き脚が付かず「マズイな」と思っていましたが、馬群の中を徐々にポジションを上げ、コーナーと直線入り口で窮屈になりながらも2着まで追い上げました。毎度、重賞制覇まで後一歩届きませんが、安定感は素晴らしいですね。

〇⑦アナザートゥルース 藤岡祐騎手 16着
早々に手応えが怪しくなりずるずると……なにがあったんでしょう? 故障じゃなければいいんですが。

▲④テーオーケインズ 松若騎手 1着
まずまずのスタートかった6番手あたりを楽に追走。抜群の手応えでコーナーを上がっていき直線でも手応え通りの伸びを見せ早め先頭から押し切りました。先行して上がり最速ですから、いや~強かったっすね。「東京大賞典」でも差の無い競馬をしてきていますし、これなら大きいところを狙えるんじゃないでしょうか。今後が楽しみです。

△③レピアーウィット 石橋騎手 8着
積極的な競馬をしましたが、ペースが速すぎたのか止まってしまいました。成績の順番的にダメかも、と冗談を言っていましたが、ホントにそうなりましたねw というか、得意の中山競馬場以外ではちょっと厳しいのかもしれませんね。

×⑤グリム 浜中騎手 12着
先行するも見せ場なく。長期休み明けを一度叩いての出走でしたが、まだ本調子にはほど遠いように思います。状態が戻ってくればいいのですが。

☆⑬レーヌブランシュ 団野騎手 10着
二匹目のドジョウはいませんでしたw


三連複⑧ー⑦④③⑤⑬の10点です。

3着に入った⑭ロードブレスを坂と斤量で嫌ってしまったので、ハズレです。

 

皐月賞】日曜中山11R 芝右2000m

◎⑧ダノンザキッド 川田騎手 15着
先行しましたが、コーナーで早くも手応え悪く、直線でずるずると馬群に飲み込まれてしまいました。「弥生賞」を踏まえての早めの競馬だったとは思うんですが、負けるにしても、ここまでなんの抵抗もせず沈むとはちょっと予想外でした。レース前の発汗が目立っていましたし、残念な結果となってしまいました。

〇⑦エフフォーリア 横山武騎手 1着
先行し、最内を突いて3馬身突き抜けました。強い、文句なく強かったです。クラシック三冠の中で一番難しいんじゃないか、と思っていた「皐月賞」を取りましたし、どうかこのまま無事に「ダービー」「菊花賞」と向かってください。横山騎手G1初勝利おめでとうございます、騎乗も素晴らしかったですが「最高ですっ!!!」というお父上とは正反対のハイテンションなインタビューも良かったですw 

▲⑮ラティアス デムーロ騎手 6着
運が悪かったですね。しかし、スタートで隣の馬にぶつけられたり、直線入り口でも外に弾かれたりとスムーズな競馬ではない中で(たらればですが、特に後者の不利がなければ掲示板には載っていたんじゃないでしょうか)キャリア3戦目の馬が6着ですから、能力は間違いなく高いでしょうし、今後の活躍に大いに期待です。

△⑨ラーゴム 北村友騎手 13着
まずまずのポジション追走も見せ場なく。序盤のゴチャついたところでやる気をなくしたのか、早々に手応えが怪しくなっていました。器用さがあるので中山もこなせるだとうし大崩れはないだろう、と予想していましたが、全然そんなことはなかったですw 自分の見る目のなさにガッカリです。

×⑤ヴィクティファルス 池添騎手 9着
スタート出るも押さえて中団後方からの競馬でしたが、前哨戦のような豪快な末脚は見せられず。うーん、重馬場で激走した疲れが残っていたんでしょうか。しかしまあ、まだこれが4戦目ですし、そこまで悲観することもないかもしれません(適当)

☆⑭アサマノイタズラ 嶋田騎手 16着
スタートでラティアスにぶつけるも押して前めに。早々に手応え悪くなり、直線入り口でまたもやラティアスにぶつかるというw 良く言えば積極的な、悪く言えばちょっと雑な競馬だったかな、と思います。しかしまあ、これでコンビ解消とならなければいいのですが。

☆①アドマイヤハダル ルメール騎手 4着
6,7番手でインを回ってきて、直線馬場の良いところに出して脚を伸ばしましたが、4着まで。初の中山&血統的に向いていないであろう馬場状態を考えると非常に頑張ったと思います。「これからの馬」とルメール騎手がコメントしていますし、ラティアスと同じように今後に注目です。

☆⑥ヨーホーレイク 岩田望騎手 5着
中団後方から上がり最速で掲示板確保。それなりの結果を! などと昨日は偉そうなことを書きましたが、「ダービー」の出走権は確保しましたし、直線入り口で外の2頭を弾き飛ばすちょっと強引な騎乗ではありましたが、岩田騎手しっかり仕事をしたんじゃないでしょうか(偉そう)。「ダービー」は武豊騎手、乗れるんでしょうかね?

☆⑬タイトルホルダー 田辺騎手 2着
好スタートから押して番手を確保。残り600mあたりで先頭を奪うとそのまま粘り込んでの2着。勝ち馬にはあっさり突き放されましたが、それでもしぶとく粘り込みましたね。中山巧者の面目躍如です。

三連複⑧ー⑦⑮⑨⑤⑭①⑥⑬の28点。

軸がまさかのぶっ飛びで大ハズレです。

応援馬券

新潟12R【角田浜特別】 ④シンシティ 田中健騎手 1着
テンからスピードを活かす競馬を、と思っていましたが、望んだ通りにハナを取り切ってくれました。最初の3ハロン32,8秒と表示されたときはちょっと笑ってしまいましたが、そのまま2馬身半の着差をつけて押し切りました。前に行った馬で決まったとはいえ、つよ~いw またもや直前でオッズがガクンと下がったことは気に食わないですが、単複あざます。

今週は重賞3レースを外し、応援馬券のみの当たりでしたので、トータルでちょっとマイナスでございました。